2017年 04月 27日
ライン炻器


もうゴールデンウィークなのね。
早いもんだ。通常通りに開店で、5月1,2日の月火がお休みとなります。



ライン炻器というと、
ドイツのライン川周辺で焼かれてきたストーンウェアのこと。
炻器というと、陶器と磁器の中間に位置し、日本では焼き締めとも呼ばれるかな。
備前焼などに当たります。
ライン川流域で9世紀頃から焼かれはじめ、
ドイツではシュタインツォイト呼ばれているらしい。
14世紀に塩釉のものが始まり、髭徳利なんかが有名です。

初期の頃のは、白っぽく、部分的に赤みを帯びてるものが多いと思うが、
この壺、あまり見かけない肌艶だった。
備前などに近い色で、珍しいと思う。

かつ、形も面白いのだ。

端正そうでいて、口の一部がよれていて、変化がある。

e0111789_10455286.jpg
e0111789_10455395.jpg
e0111789_10455260.jpg
e0111789_10455158.jpg
e0111789_10455329.jpg
e0111789_10455168.jpg


裾にかけてのすぼまり、と、そこの部分の指押し、これが古手の特徴。
轆轤目も魅力です。

e0111789_10455289.jpg
e0111789_10455334.jpg

こんな肌のもあるんですね。
赤白いタイプより、好みです。

本に掲載されていたのを見つけた。
これと同じ手です。

15世紀。


e0111789_10570888.jpg


近所のマダムから頂いたお花をちょっと。

e0111789_10455308.jpg


花生けにぜひ。カッコよく、活けてほしい。



胴径 約10.5cm 高さ12.5cm ¥45,000
















# by muntkidy | 2017-04-27 12:00 | Comments(0)
2017年 04月 26日
足のオブジェ


結局のところ、税関で止まっていたモノは、滅却処分となりました。
一旦、ぬか喜びさせといて、とどのつまりはこの結果。
ま、色々と次からの対処法がわかりましたと、いうことで。


それより、届かないイギリスの荷物の方が、もっと問題なのだ。
受取人じゃなく、センダーから連絡させろと、違う人からメールが来る。
だからもう2回も、受取人である私が、送り人でもあるって、
書いてるだろ!!!って、
何回メール送らせりゃあいいのか、パーセルフォース。
まだまだ時間がかかりそうです。
(これからはEMSで送りましょうね。皆さま)





本日の紹介はこちら。

なんとまあ、美しいフォルム。
そして、つるりとした鉄の質感も、とても魅力です。


e0111789_09290487.jpg
e0111789_09290304.jpg
e0111789_09290431.jpg
e0111789_09290250.jpg
e0111789_09290505.jpg
e0111789_09290325.jpg
e0111789_09290418.jpg

フランスの靴修理の道具です。
裏返して靴底修理をするときにこれに靴を履かせてたって、やつ。
穴の部分に棒を取り付け、足裏の面を上にして、固定されてたもの。

19世紀。


足フェチの人にお教えして差し上げて。



長さ16cm 高さ7.4cm (Sold) ありがとうございました。









# by muntkidy | 2017-04-26 12:00 | Comments(0)
2017年 04月 25日
本日は火曜日
定休日となっております。

スローイングナイフの件、
資料の効果があったのか、一旦認められたようだったのに、なぜかまた振り出しに。
糠喜びさせといて、
今度は経済産業省に問い合わせてくれとの電話。判断は経産省の元に。
どうなりますかな。

いやはやいろいろ勉強になりますな。



本日の写真。

最近自宅に仲間入りした
ヴァーゲンフェルドのサラダボウル、
(代金未払いのまま、すみません)
春の陽気の食卓に、がせん活躍中です。

右のガラスのサラダボウル。
とっても使いやすい。
そうめんにも合うよな。

販売用にも探したいと思います。


e0111789_09145679.jpg



e0111789_09145723.jpg



e0111789_09145728.jpg







# by muntkidy | 2017-04-25 12:09 | Comments(0)
2017年 04月 24日
マントピン



本日は月曜日、定休日となっておりますが、
フレーム作りのために出勤している予定。
オーダーが入り、タロットカード用もあり、制作、詰まっています。



ここではいつもの通り、お品紹介。


オランダから。
マントピンと計量のピューターカップ。


e0111789_16574365.jpg

ディーラーはマントピンと言っていたが、
ヘアピンの可能性もある。装飾のためのボーンでできたピンである。
結構古いと、14,5世紀と言われたが。

バイキング時代のボーン製のものもあるので、
発掘されて出てくるものもあるだろう。
オランダ発掘です。

白いはずのボーンが茶色くなっています。


e0111789_16574400.jpg


顔のアップ。古手の表情ですね。
女性のようです。

e0111789_17303196.jpg
e0111789_16574528.jpg
e0111789_16574538.jpg
e0111789_16574556.jpg

ピューターのほうは、18世紀のカップ。

ホールマークいっぱいで、なかなか雰囲気があります。

e0111789_16574478.jpg
e0111789_16574315.jpg
e0111789_16574437.jpg


e0111789_16574360.jpg

数多いイギリスのとは形も違い、存在感があるように思う。

持ってみたところ、小ささがわかります。

e0111789_16574479.jpg





マントピン  長さ13.6cm ¥18,000
ピューターカップ 高さ5.8cm 底径2.8cm ¥10,000







# by muntkidy | 2017-04-24 12:00 | Comments(0)
2017年 04月 23日
キュノワ小ぶり楕円皿とカトラリー


本日はすこぶる爽やかなお天気。




黙々と品紹介といたしましょう。


先日紹介のぺったりしたキュノワ平皿は特別に珍しかったが、
こちらは、小さめ楕円皿。
そこそこの珍しさということで、
上に、久しぶりに見つけたエアフラのカトラリーを置いて。

大きさがわかりますよね。

e0111789_10374152.jpg

楕円皿から。

e0111789_10374201.jpg
e0111789_10374227.jpg
e0111789_10374137.jpg

1ヶ所の釉剥げが残念だが。
e0111789_10374186.jpg
e0111789_10374213.jpg

小ぶりだけ集めるってのも、楽しいです。
楕円は丸より、場所をとらず、大きさを感じません。
意外に使いやすのですよん。




機内食カトラリーのほう。

e0111789_10374307.jpg
e0111789_10374250.jpg


エールフランス、1975年、コンコルド機就航のためにデザインされたもの。
可愛いので、見かけたら買うようにしてますが、
すごく高く扱っている人もいて、びっくりします。
(もちろん高いと買わないが。)
レーモンドローウィデザイン。巨匠です。
タバコのピース、ラッキーストライクをデザインした人。
パッケージ界で不動のデザインですな。
(私、ちなみに昔は某印刷会社でパッケージデザイン周りにいたんですな〜
あの頃が一番忙しかった!30年ほど前になるな、ひゃ〜)







楕円皿  29.5cm x 22cm 高さ2.2cm ¥18,000
カトラリーセット  (Sold) ありがとうございました。















# by muntkidy | 2017-04-23 12:00 | Comments(0)