2017年 08月 30日
ガラスのスキットル


●9月1日(金)〜7日(木)
ブログMuntkidy にて、web exhibition ”エチオピア民藝の1週間” と言う特集を行います。

ご注文は、電話、コメント、メールにて承ります。
売り出しは更新時間の正午ですが、お店でも販売します。

通販の方でも、カード払いが可能です。
銀行口座振込以外に、他、paypal にも対応しております。


(カード払いの場合は、スクウェアというところからメールが届きますので、
 それに沿って、カード情報を入力していただければ、こちらに連絡が入りますので、
 その後、すぐに送付することができるのです。でも、1回払いのみ)



さて、本日はこちら。


夏の終わりにガラス、です。

スウェーデンより、スキットル、フラスコ。
型吹きガラスです。

e0111789_10250916.jpg
左のねじり文の方から。

e0111789_10250871.jpg
e0111789_10250903.jpg
e0111789_10250961.jpg
e0111789_10251004.jpg
e0111789_10291487.jpg
e0111789_10250982.jpg
e0111789_10251057.jpg

外形を整えるのに、型を使っています。
平べったいので、手取りよし。
変わり徳利でもいいのかもしれない。




小さいほう。

オランダ、ドイツあたりに同じようなタイプがありますが、
こちらが少し、時代が下がります。

e0111789_10291581.jpg
e0111789_10291350.jpg
e0111789_10291419.jpg
e0111789_10291488.jpg
e0111789_10250844.jpg


左がクリアーなガラスに比べ、こちらは、ニュアンスを感じさせる質感です。

どちらも、19世紀のガラス。
右小さいほうが、少し古いかと。



左 幅9.5cm 奥行約3cm 高さ18.3cm ¥16,000
右 幅約7cm 奥行約3cm 高さ12.0cm ¥12,000


# by muntkidy | 2017-08-30 12:00 | Comments(0)
2017年 08月 29日
本日は火曜日

定休日となっております。

あさって1日金曜日から7日まで
" エチオピア民藝の一週間 " と題した特集でブログを更新します。

スケジュールはおとといのブログをチェックをどうぞ。

お楽しみに。



写真は夏休みに出かけた皇居の東御苑のお庭。
サルスベリが綺麗でした。


e0111789_10393595.jpg



# by muntkidy | 2017-08-29 12:00 | Comments(0)
2017年 08月 28日
おぼけ


●9月1日(金)〜7日(木)  
" エチオピア民藝の1週間 " という web exhibition を開催します。


ご注文は電話、メール、コメント欄、どれでもお受けいたします。
お店でも販売しますので、どうぞ、お楽しみに。

1部の品の写真は昨日のブログにちょっと載せています。




本日は月曜日、定休日となっております。



紹介はこちら。日本の民藝の品を。



おぼけって、言葉、知りませんでした。
つい、" お惚け "の意味と思ってしまいがちです。

東北で、麻糸を入れておく容器のことを、そう呼ぶとの説明でしたが、
ネットで見ると、山中温泉の方言で、桶のことを”おぼけ”と言う、
って書いてある記事もありました。


麻織物の繊維、からむし、あおそを入れておく容器だったようです。

e0111789_10544448.jpg
e0111789_10544224.jpg
e0111789_10544349.jpg
e0111789_10544220.jpg
e0111789_10544206.jpg
e0111789_10544341.jpg


なんとも自然で、健やかさを感じる古道具であります。

昔の日本人の心根を感じるような。

大事に使いたいです。



リビングの片隅、紙ゴミ容器にピッタリかと。


直径23~24cm 高さ21cm (Sold) ありがとうございました。










# by muntkidy | 2017-08-28 12:00 | Comments(1)
2017年 08月 27日
web exhibition のお知らせ


8月ももう終わりです。


9月のイベントのお知らせを。

昨日紹介のエチオピア椅子と一緒に仕入れてきた民藝の品々を
シリーズとして、1日からweb exhibitionを行います。


" エチオピア民藝の1週間 " と題したブログ上での特集です。


昨日のブログ最後の写真の椅子(背もたれなし)に加え、
こんな感じの品が並びます。


e0111789_12491090.jpg



スケジュールはこんな感じ。


9月1日(金) NO.1 3本足の椅子 / 背もたれなし


2日(土) NO.2 特大コーヒーテーブル


3日(日) NO.3 四角いコーヒーテーブル


4日(月) NO.4 定番コーヒーテーブル


5日(火) NO.5 定番ボウル/トレイ


6日(水) NO.6 革巻き容器


7日(木) NO.7 その他




アフリカモノ好きな方はそう多くはないかもしれませんが、
いいもの、多いのです。

モダンな空間に、逆に映えるのであります。
使える道具類だったら、取り入れやすい。
うまくチョイスするのがポイントかと。

好きな方々にも広くお知らせして下さいませ。






# by muntkidy | 2017-08-27 12:00 | Comments(2)
2017年 08月 26日
エチオピアの背もたれ椅子


大物が入荷しました。


いろいろと欲張りに譲ってもらい、大量仕入れとなってしまいました。
なので、またもや、小イベントを企画する予定です。


本日は、そのプレセール。


値が張るものですので、どーんと先に紹介です。


エチオピアの背もたれ椅子。

シンプル版を1番に分けてもらったのだ。

" モノリスの椅子 " と名付けよう。

この彫りのないタイプの椅子はもう入荷はないだろうとの予測で、
頑張って買わせてもらったのだな。
長く持っててもいいし、って感じで。


彫りが入っているものや、いろいろなタイプが、
これから、某老舗ギャラリーにて販売されることとと思う。
(どこかはわかりますね。私の修行した会社です)

全部が一木から彫り出されたアフリカの椅子。


撮影の場所が取れず、難しかったが、なんとか雰囲気は伝わるだろう。
いろんなところで撮ってみました。

e0111789_15335456.jpg
e0111789_15335238.jpg
e0111789_15335364.jpg
e0111789_15335247.jpg
e0111789_15335303.jpg
e0111789_15335261.jpg
e0111789_15335214.jpg


このポイントは背もたれ部分のシンプルさです。
ほとんどが、このDMのタイプだと思う。↓
(このDMは15年以上前のアンタイディーでの展示会のもの)

e0111789_09455847.jpg

e0111789_15384213.jpg

座面。
e0111789_15384138.jpg


足部分。これがエチオピア椅子の特徴の3本足。
e0111789_15384279.jpg



十分に座れる大きさ。座面が丸いので、座りやすい。

オブジェとしての存在感も十分。

アフリカ椅子のスプリンターだと思っています。

どうぞ、西荻のお店まで、見に来てくださいませ。




高さ約90cm 座面高さ41cm 直径46cm

お値段はお問い合わせください。






なお、背もたれのないタイプの椅子、コーヒーテーブルなど、
もうちょっと安めの価格帯のエチオピア古民藝の品を
9月1日から、web exhibition として、開催する予定です。

アンタイディーらしいチョイスで選んできています。こんなの。

e0111789_09455882.jpg


このお知らせはまた後日。

トライバル系に興味がない方々も、見るのは楽しいですよ。

いいものが欲しいな〜と思っている方々にも、お知らせしてあげて下さいませ。


どうぞ、お楽しみに。








# by muntkidy | 2017-08-26 12:00 | Comments(0)