2017年 09月 23日
プリーツのスカート


明日は臨時開催の大江戸骨董市に出店いたします。
お店は午後4時からの開店となります。



北タイに住むモン族の藍のプリーツスカート。
素材はヘンプ。

子供用で短い、ショート丈。
だからこそ、
パンツの上にうまく着こなせそうな気がする。


うまく、ほんとオサレに身につけてもらいたいと思って買ってきた。
誰かいないかな〜

細身のパンツの上から、エプロンのように、腰に巻きつけて欲しいのだけど。




ブログではこの良さ、伝わりません。
明日の骨董市に持っていきます。



e0111789_14134440.jpg



藍の濃いほうから。

e0111789_14134625.jpg
e0111789_14134426.jpg
e0111789_14134572.jpg



薄いほう。


e0111789_14134566.jpg
e0111789_14134674.jpg
e0111789_14134480.jpg


丈26cm と 27cm ¥12,000 (濃いほうは売約済)










# by muntkidy | 2017-09-23 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 22日
端正なフォルム


あさって日曜日は、大江戸骨董市に出店いたします。
臨時開催です。知らない方も多いかもしれない。
どうぞ、お知らせ、広めて下さいませ。
お店は午後4時からの開店となります。




どちらも美しいフォルムの器を、タイから。


e0111789_18154422.jpg


素材感のいい、左から。
特にこちらは、建水にぴったりである。

タイ、スコタイ地域あたりから、発掘されてきている。

クメール地域発掘のものも多い、ブロンズ。
佐波理、佐張と言ったほうか聞こえはいいけど。

肌が地中で緑青を生み、いい味わいとなっています。

いろんな色調が混ざりあってて、魅力のある質感。

錆びていない深い碧っぽい色、緑青の薄グリーン、
こびりついた土の色など。
微妙にブルーになっているところも一箇所あって。

e0111789_18171420.jpg
e0111789_18171437.jpg
e0111789_18171417.jpg
e0111789_18171406.jpg



e0111789_18171539.jpg
e0111789_18171585.jpg



この後ろ側なんか、宇宙も見てるかのように気分にもなってくる。
e0111789_18171512.jpg
e0111789_18171698.jpg
少々厚みもあり、重みもあります。




右は托鉢器として、使われてきたもの。
素材は銅。

引く手あまたな鉄鉢ではありません。

そう古くもありませんが、
フォルムの美しさは変わらない。

ごくごく薄く、叩かれ作られている。


少し高さがあるので、これは建水よりも、花生けにおすすめしたい。


e0111789_18211498.jpg
e0111789_18211563.jpg
e0111789_18211620.jpg
e0111789_18211604.jpg
e0111789_18211534.jpg

ただ一箇所、ホールがある。
埋めること可能です。
e0111789_18211510.jpg

e0111789_18211668.jpg


左 ブロンズ 高さ6.8cm 口径17.2〜17.8cm  ¥18,000
右 銅 高さ9.9cm 口径14.7cm 胴径約17cm  ¥15,000






# by muntkidy | 2017-09-22 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 21日
ビルマのだるま


24日•日曜日は大江戸骨董市に出店いたします。
お店は午後4時からの開店です。



ミャンマーでも張り子のだるまが作られる。
ピッタインダウンと言われるらしい。
投げてもいつも起き上がるという意味だという。
起き上がりこぼしですね。

ちなみにタイにはない。



それを作るための型、モールドである。

5個あります。


e0111789_10505025.jpg
e0111789_10504992.jpg
e0111789_10504982.jpg
e0111789_10504963.jpg

このあたり、黒く塗って、古そうに見せて作っているのも多いが、
これはオリジナルに古いもの。

いい味肌で、顔がないとこがいいのです。


1個づつ。
右の小さいほうから。

A
e0111789_10505783.jpg

B(Sold)
e0111789_10505706.jpg




C(Sold)
e0111789_10505638.jpg




D (Sold)
e0111789_10505736.jpg



E (Sold)
e0111789_10505631.jpg



ちなみに、作られるペーパーマッシュのものは、絵付けなど、こんな感じ。
笑えますね。これはお寺のそばにある大きいタイプ。
(ヒゲはたまたまだけど、ほとんどは赤い彩色)

e0111789_11064066.jpeg


そう変わりはないと思いますが、好き好きに選んで下さいませ。
写真がざらついて写ってますが、もう少し、つるんとしています。


高さ9〜9.5cm 1個 ¥5,000











# by muntkidy | 2017-09-21 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 20日
久しぶりにオクトゴナルを


24日、日曜日は、特別開催の大江戸骨董市に出店いたします。
今度は晴れますように、と。



昨日は火曜日で、民藝館のウィンザーチェア展に出かけようとしたのだが、
駒場に着く前に、休みだということに気がついた。
祝日明けはお休みなのだ。
寸前に気がつき、吉祥寺にリターン。ぶらぶらした1日でした。
来週は必ず。
皆さまもどうぞ、民藝館チェックお忘れなく。



本日は、タイトル通り。

あんまり出番は多くないオクトゴナルだけど、
たまには手に入れています。
定番のサイズで、縁はパール文の普通のタイプ。


肌の具合の違う2枚。

e0111789_10213543.jpg
e0111789_10213427.jpg


ひんやり白めの右のほうから。
リムと見込みのぺったり具合が魅力です。

e0111789_10221983.jpg
e0111789_10222003.jpg
e0111789_10221915.jpg


かすかな沁みも表情があると思っています。
ごくごく淡く描かれ、かすれた、植物画のようにも見えてくるので不思議です。



器胎も薄め。

e0111789_10222135.jpg
e0111789_10440617.jpg



程よい染み込み具合の左。

e0111789_10222139.jpg
e0111789_10222021.jpg


これは丸いエッジのライン部分が魅力だと思うのだね。

e0111789_10222115.jpg
e0111789_10222045.jpg
e0111789_10440689.jpg



どちらも甲乙つけがたい、人それぞれの魅力的なお皿であります。
2枚重ねて、肌の違いを。

e0111789_10222165.jpg

マークアップ。
左はショワジー、右は不明の窯です。
e0111789_10440694.jpg






右 対角線幅25.2cm 高さ1.9cm ¥12,000
左 対角線幅24.2cm 高さ2.3cm ¥12,000



# by muntkidy | 2017-09-20 12:00 | Comments(0)
2017年 09月 19日
Sold item


本日は火曜日、定休日となっております。


ちょっとですが、売約となった品をちょっくら。


e0111789_14204261.jpg
e0111789_14203989.jpg


今日はこんなとこで。






# by muntkidy | 2017-09-19 12:00 | Comments(0)