2017年 07月 30日
北欧の花模様




可愛らしい花模様をスウェーデンから。

アンタイディーの雰囲気ではないかな、いや許せる花文様であります。


2個。



e0111789_13344190.jpg

貯金箱の右。

e0111789_13345908.jpg
e0111789_13350016.jpg
e0111789_13350135.jpg
e0111789_13350192.jpg
e0111789_13350191.jpg

1937年生まれ。

バックの鈍緑の色で、落ち着きがあるのだと思う。




左。

北欧ならではの曲げわっぱ、蓋のデザイン。

e0111789_13350144.jpg
e0111789_13350022.jpg
e0111789_13345984.jpg
e0111789_13350099.jpg

楚々とした、色合いがいいよな〜




右 高さ10cn 底径6.3cm ¥6,800
左 高さ5cm 幅10cm 奥行4.5cm ¥4,000







# by muntkidy | 2017-07-30 12:00 | Comments(0)
2017年 07月 29日
南米のタパ


初めてモノです。

タパ / 樹皮布 を伝統的に衣として作ってきたのは、
アフリカのピグミーの人々か、オセアニアの人々とばかり思っていたのだが、
他の地域にもあったのだった。

樹木があるところだったら、考えられることではありますね。


ということで、アマゾン。南米です。


ただはっきりした資料があるわけではない。

譲ってもらったディーラーも多分、だろう、、、という見解であり、
他のアメリカ大陸方面に強い知り合いのディーラーに聞いたら、
多分、ブラジルだろう、、ということだった。



南米にもタパがあるって、ぜんぜん知らなかったので、即ご購入です。

絵の面白さが第1。

e0111789_10162583.jpg
e0111789_10162724.jpg
e0111789_10162523.jpg
e0111789_10162681.jpg
e0111789_10162653.jpg
e0111789_10162621.jpg


けっこう厚みがあり、しっかりしています。

キースへリングの絵のようで、楽しい!





ちなみにネットで調べると、南米のタパもの、いくつか見つけました。
この感じですね。(写真拝借いたしました)



cubeo / クベオと読むのかな、アマゾンインディアンとか書かれています。

e0111789_10291443.jpg
e0111789_10291782.jpg






101cm x 41cm (Sold) ありがとうございました。







# by muntkidy | 2017-07-29 12:00 | Comments(0)
2017年 07月 28日
薄ブルーの楕円皿


●本日は午後1時からの開店となっております。



本日は使える食器をどうぞ。

夏に涼しげに、ほんのりブルーに色づいたお皿です。

フィンランド アラビアの60〜70年代のもの。

e0111789_15145523.jpg

楕円の形も、ボールをひしゃげて、
自然に横に広がったような感じ。
あまりないかな。

e0111789_15145403.jpg
e0111789_15145573.jpg
e0111789_15145443.jpg


丸皿はケーキ皿サイズ。2枚あります。

e0111789_15145624.jpg
e0111789_15145648.jpg
e0111789_15145569.jpg





楕円 30.7cm x 23.3cm 高さ2.8cm (Sold)
丸皿 直径17.1cm 高さ1.3cm (Sold) ありがとうございました。 









# by muntkidy | 2017-07-28 12:00 | Comments(1)
2017年 07月 27日
焦げ文様付きの曲げわっぱ


●明日は午後1時からの開店となります。




今回の仕入れでは、北欧民藝のピンのピンというものは見つからなかった。

時代のあるその類のものは、もう専門店か高級なアンティークショーに行かないと
手に入らないようになってきている。
そうすると、バカ高いのだな。

でも、使って楽しく、心に染み入る古道具としての優品はまだ見つかる。




そんな今回の曲げわっぱはこれ。

側面に素朴な文様。
線刻の部分に煤の焦げ。

何もなくてもいいのに、こんな意匠を施し、楽しむ。
北欧の庶民の素朴な暮らしを感じさせてくれます。

e0111789_14054439.jpg
e0111789_14054413.jpg
e0111789_14054365.jpg
e0111789_14054339.jpg
e0111789_14054205.jpg
e0111789_14054476.jpg
e0111789_14054370.jpg

保管箱として、うまく使ってほしい。





直径15~15.5cm 高さ9.3cm 内部内径13.2cm 高さ6.8cm (Sold) ありがとうございました。









# by muntkidy | 2017-07-27 12:00 | Comments(0)
2017年 07月 26日
泡だらけのガラス


本日はヴィンテージの品。

ガラスを2点どうぞ。


e0111789_10245798.jpg



右のクリアなコブレット型のガラスは、カイフランク デザイン。
フィンランド、nuutajaruvi(ヌータヤルヴィ)というガラスメーカーでの作。


丸いボール部分とステムの直線の対比がデザインのミソですかね。

なんだか、ユーモラスさもあって、暖かみを感じさせるガラスとなっている。



e0111789_10253478.jpg
e0111789_10253512.jpg
e0111789_10253536.jpg
e0111789_10490213.jpg
ステムの部分も空洞になっています。
e0111789_10490231.jpg
e0111789_10490170.jpg
気泡の入り方がまた面白い。
ここは普通だが。
e0111789_10523493.jpg

こんなところも。わかるかな。
e0111789_10490151.jpg


底には、nuutajaruvi notsjo とハンドサイン。

e0111789_10253563.jpg






印象的な右の緑は、エリックホグランのガラス。

わざとらしくない可愛いフォルムと緑の色で、選んだものです。

エリックホグランファンの方でなくても、持てる品かと。

e0111789_10252487.jpg
e0111789_10252336.jpg
e0111789_10252412.jpg
e0111789_10252359.jpg

ポイントはやはり、この部分かな。
人の顔の型押しマーク。

e0111789_10252335.jpg


どちらの花生けにいいですが、置いておくだけでもいい感じ。

写真では右のコブレット型、色がクリアーなだけに、あまり主張してませんが、
形に存在感あります。






カイフランク  口内径10.5cm 胴径約14.5cm 高さ15.3cm (Sold)
エリックホグラン(緑)  底径7.0cm 高さ13.3cm       (Sold) ありがとうございました。 









# by muntkidy | 2017-07-26 12:00 | Comments(0)