2008年 01月 24日
遊び心

e0111789_12484529.jpg 見てると、くすりとほほえましくなる。

 どちらも、用途とは、
 関係ない意匠が施されています。
 意匠というか、飾りというか。


 オランダの定規と手芸棒入れ。

 デザイン過多なものは苦手と言いつつ、
 こんな、温もりのある、
 よけいな意図のない装飾は大歓迎。

 ここに、この模様をいれたいのサ! 
 と、自らが楽しんでいるような
 ちょっとした遊び心、ありますな。

 大事に、この1個のために作られている。

 売るためのデザインでない、よけいなもの。
 同じよけいでも、
 このよけいは大事な気がします。


 

# by muntkidy | 2008-01-24 13:18 | Comments(0)
2008年 01月 23日
凍てつく雪原の中をただただ歩くマンモスにしては小さいか。

日曜日の雪予報はあてがはずれたものの、今日の東京、朝からゆるい雪。
寒さの世界を孤独に歩む姿を思いつき、こんな設定にしてみました。

マンモスというか、正体不明の象であります。(どういう出自かわかりません)

象と言えば、押井守のイノセンスという映画で知った言葉。

 孤独に歩め。悪をなさず。
 望みは少なく。森の中の象のように。

元は仏教からの言葉らしい。こんな感じで行きますか。

e0111789_12431677.jpg


# by muntkidy | 2008-01-23 13:15 | Comments(2)
2008年 01月 22日
ボトル
e0111789_14272771.jpg ちょっと国籍不明な
 感じのするボトルです。

 底の土を見ると
 瀬戸だとは一目瞭然なのですが、
 裾に広がるラインといい、
 なんだか、ありそうで、なさそな感。

 洋のカタチかというと、そうでもなし。
 でも、かなり和っぽい、イギリスの
 ビアボトルですぞ、といい張れば、
 通ってしまいそうなトコもあります。
 ぱっと見の場合ですが。

 口の部分の線の細さと、
 胴の部分のズデっとした太さとを
 合わせもつアンバランスさが、
 ある意味、
 こいつの魅力かもしれません。

 綺麗すぎても、面白くないしな。
 

# by muntkidy | 2008-01-22 14:49 | Comments(1)
2008年 01月 20日
大江戸骨董市
大江戸骨董市、寒かった。
これから、雪が降るのでしょうか。

寒いので、オワリ。

# by muntkidy | 2008-01-20 17:34 | Comments(0)
2008年 01月 19日
フレーム
ゴッホの絵がはいっています。もっちろんプリントですがな。
farmhouse in provence の線描。

中身は入れ替え可能だし、気に入ったのは、フレームの細さ。
ここまで、細くシンプルなウッドフレームは、意外と見つけにくい。

1cm の木枠。23cm × 27cm の外枠サイズです。

e0111789_13271335.jpg


明日は大江戸骨董市出店。アンタイディーは午後4時に開店です。
雪かも??  さぶい。

# by muntkidy | 2008-01-19 14:21 | Comments(0)