2007年 03月 13日
意外ですか?
たまには、選ぶんですよ。エレガントなもの。
e0111789_13295659.jpg

ゴージャスな貴族的ノーブルさなんて、とてもとてもおよびじゃないのですが、
楚々とした上品な装飾は、加えてもいいかと思っています。

この2品なら、充分に、アンタイディーの中でも、浮かない、、
彩りとして、いいのではないでしょうか。

写真の構成により、イメージが変われる品かもしれません。
この写真ではあまりエレガントに感じない人もいるかもしれないけれど、
バックの布やいろんな取り合わせで、優雅さを強く醸し出せると思うし、
かつ、アンタイディーっぽい素朴さのある品の中にあっても、存在感をもって立ってる感じ。

どちらも19世紀イギリスもの。

急にムクムクと、久しぶりにイギリスに行きたくなってきました。
£が高くて、なかなか行けない感じなのだけど、
さっと、ニューアークやスウィンダビーのフェアに合わせて、
ロンドンはポートベロー1日だけの1週間。
てな、スケジュールどうでしょうか。
(最近、思いつきばっか、、実行に移せるか、否か. . . .)

# by muntkidy | 2007-03-13 13:30 | Comments(4)
2007年 03月 11日
突っ立つ私
e0111789_13185543.jpg朝起きると雨の音。
" チッ!" と " ほっ. . . "

骨董市行きの朝にしては、
ちょっと遅めの起床だったので、
ほっとする気持ちがかなり強し。

微妙です。

最近は、サボり気味の品薄めゆえ、
気落ちするのが本当なのに、たるんでいるのだが、
とはいえ、もうちょい、睡眠が欲しかった感強く、
雨のせいにできたのです。

でもな〜、今、店内を見回すと、
←こちらのように立ち尽くしてしまったぞよ。

ピリっとくるモノがない!!!

# by muntkidy | 2007-03-11 13:39 | Comments(2)
2007年 03月 10日
e0111789_13201671.jpg

キズもいっぱいあるし、こきたない皿だけど、ほっておくことはできません。
昔から好きな、ミャンマーの白釉の焼物です。

ものすごく歌がうまい人の歌が、人を感動させるとは限らないように、
ヘタなのだけど、ついひきこまれ、感動させられる歌もあるように、
技術の良し悪しや、お金のかけ具合はもちろんのこと、同時に、心の込め具合かなんかも、
魅力の大小には関係ないことかもしれません。
ま、それは人それぞれの受取り方次第ではございますが。

だって、これ好っきぃやもん!!のツボにはまったものなら、何でもいいのですよ。

・・・と、ゴタクを並べてしまいました。

(玄人の骨董屋なら、こんなこと言ってはいけませんが. . . . . )

# by muntkidy | 2007-03-10 13:20 | Comments(0)
2007年 03月 09日
ゆれている
毎日が地震のようだ。店がゆらいでいます。

何も自信がなくなって、ゆらいでいるのではなく、
地下のところから、実際に、ビルがゆれているんですね。
というのも、隣のラスチカス(カフェ)のあったところが、
今、ビルを建てる工事中で、こりゃまたすごいんですわ。
この2、3日ず〜っとです。地響きと音。
ひどい時はペンダントライトがゆれる時もあるし、不安になりますな。

e0111789_1492063.jpg

写真は自分でゆらして撮りましたが。。
ゆれてる感じが出ませんでした。タハハ。

(やらせだ。)

あ、このペンダントライトも売り物です。
いつもこのシンプルなデザインを探しています。
イギリスもの。

もう少し、大きいサイズもあります。

どうぞ、ゆれを感じに来てみて下さいませ。

工事が休みだろうから、土日はナシかな。

しっかし、いつ終わるのだろうか。
だれも挨拶に来ないしな。

# by muntkidy | 2007-03-09 14:19 | Comments(4)
2007年 03月 08日
ブロンズの皿
昨日の写真から1点。クメールの発掘の皿。コレグライ。
e0111789_14451779.jpg


# by muntkidy | 2007-03-08 14:46 | Comments(0)