2007年 01月 20日
質感
e0111789_13574841.jpg不思議な質感です。
永い年月で黒ずんだ錫の茶筒かと思いきや、
素材は真鍮なのです。

どうしたらこうなるんだろう。

もしかしたら、漆が塗ってあったのが
こうなったのかも、とは売ってた人の言葉。
金属に漆を塗るって、ないことはないけど
ちょっと珍しい技です。
中国からやってきています。

e0111789_1358381.jpgつるつるでない漆黒の表面、
魅力的です。

全体像はこんな。
ずっしりとして、堂々たる姿。
だけど、少し縦長めだから、
上品な強さといった感じ。

急に浮かんだのが、織田信長。
なんじゃらほい。

# by muntkidy | 2007-01-20 13:59 | Comments(2)
2007年 01月 19日
3本足
アノニマスな古家具ですが、デザインの優れた椅子の紹介です。
e0111789_1327274.jpg

右は椅子というより、植木とかの花台ですね。
左は、たまに見かける椅子。大概、グレーにペイントされています。
やたらと氾濫するデザイン過多の変な椅子なんかより、
ずっとモダンで綺麗な形をしている。
こんなのが1万弱で手にはいるなんて、やっぱり日本はおもしろいと思います。
まぁ、デザイナーが特定できなくて、ブランド性がないからだけど。
でも、最近の古道具回帰、雑誌やネット販売での影響で、
あまり、安く手にはいらなくなってきているので、店側としては
ちょいとつまんなくなってきているところではあります。

3本足と言えば、前から欲しい椅子があります。
これはデザイナー(エゴン アイアーマンというドイツの建築家)ものだから高い。
あまりモダンすぎるとダメなのだけど、これは可愛さがあるし、
当時のオリジナルで、足がはげはげだったら、言う事なし。
こちらのオークションサイトでチェックを。
エステメートで20万、送料手数料入れたらもしかして、30万近くなるかも。うへ〜。

# by muntkidy | 2007-01-19 13:30 | Comments(2)
2007年 01月 18日
今朝のヨガ クラスでの話。
ヨガをすることは、自分自身の宝を探しにいくことで、
ruby in the onion という表現を先生はしていた。
玉葱の中にルビーがあって、1枚1枚剥いでいくのはつらいけど
その先にはルビーがあるってことだ。
ま、私にとっては、例えとしてでも、ルビーは宝でもなんでもないので、
この宝とはいったい何なのだろうと、ふと考えてしまった。

モノを扱う仕事をしているのだから、具体的な宝がすぐ出てきそうなのであるが、
ところがそうではない。(何にでも、惹かれるところがありますからね)
私にとっては、モノ探しは、モノを通して、モノでないところを観て、
探っていきたい思いもあるので、
自分自身の宝を探しに、ヨガもアンタイディーもやってるってことだな。
と、わけのわからないところへ、考えがいっちゃったのでした。
(あれ、これに、人生は旅とかの言葉を入れたら、
   中田の気持ち悪い文章みたくなっちゃうよ、いっけな〜い)

いや〜、ヨガって、いいですよん。そこで、ヨガの生まれたインドの品を紹介です。

e0111789_13211011.jpge0111789_13212535.jpg

ヒンズー教の神さまの手です。god's hand. 
なんとも神々しくはない、笑っちゃうような手です。
こんなブットくて、丸い指、小指を立てていますね。
紙製、ペーパーマッシュという伝統の工芸で作られています。
ヒンズーは多神教ですので、いろいろいるのですが、どの神さまなのでしょう。

# by muntkidy | 2007-01-18 14:14 | Comments(0)
2007年 01月 17日
お菓子の型
e0111789_13485493.jpg

いろんな見立てを考えるのも楽しいもので、
3段に連なったお菓子の型が、小さな陳列棚と化しました。
白い壁に掛けておくだけで、
自分だけのコレクション棚とすることができます。
ま、ほんの極小の物しか飾れませんが。
もちろん、何も飾らず、それだけを楽しむのもいいかも。
勝手に現代アートと称し、壁で遊びましょう。

今日はこれぐらいにして。朝から、東京は気温が下がってきています。
12年前の神戸の震災の時も、みんな寒かったんだろうなと思うと
なんだか、身が引き締まる思いです。

# by muntkidy | 2007-01-17 14:00 | Comments(2)
2007年 01月 16日
ブログのお引っ越し
昨日の日帰り福岡出張で、10年続けた警固の物件契約の解約が終了し、
すっきりした面持ちで、帰ってまいりました。
心機一転、新しいアドレスで、Muntkidyを始めることといたします。

写真を大きく表示できるexcite ブログに変更。
昨日までの記事はそのままlivedoorのアドレスで見ることができます。

さて、New Muntkidy第1弾。漆の托鉢の椀です。(ちょいと、ピンが合っとらんな)
e0111789_1235462.jpg

元々は、これに入れ子になる飯椀、汁椀、小皿がついていたはずと、
言われましたが、今回はこの外鉢のみ。
全国を行脚していたお坊さんのストイックな1セット。
実にモダンな形。日本古来のグッドデザインです。


# by muntkidy | 2007-01-16 13:15 | Comments(0)