2007年 09月 22日
ペット
このところ、続けて、友人のところのペットが亡くなっている。
猫のみやおと、ひきがえるのチャー坊。
みやおは22才で、チャー坊は実のところ年も性別もわからない。
長年暮らしを共にした生き物がいなくなってしまうのは、月並みな言い方だけど、
やっぱりかなり辛いものだと思う。

親というものはそういうものなんだろうなとの思いと、
そういう時は思う存分悲しんで、見送ってやるしかないという思い。
近くにいた私としても、淋しく、悲しいものです。

写真はヘビの指輪です。ヘビは苦手なほうですが、最近はへびのペットも多いのかな。
アフリカ、ジェンネの発掘品。
ジェンネ発掘の品は、アフリカものの中では、時代考証もされている12〜16世紀のものなので、
骨董と言えますかね。
ブロンズは黒びて、細かく見ると、顔も愛らしい考古の1品。

e0111789_13293270.jpg


# by muntkidy | 2007-09-22 13:44 | Comments(2)
2007年 09月 21日
クメール
目白の某老舗を見ると、ハ〜やっぱ、いいもんばっかだな〜と、ため息がでる。
美術品クラスで、かつ、おうちで楽しめる品がしっかと集められています。

ほのぐらい、しっとりとした空間を短時間なりにも満喫した後、アンタイディーに戻ってくると、
あら、ま〜、なんて、カジュアルなザッカ屋だわン!

ま〜、そこがここのよさサ!ということなのですが、
もうちょいは、時代のある品にも手を出せ、売れるようになりたいな、
との思いにかられたのであります。


さて、写真は、タイで買った発掘物。クメールのブロンズです。
ブレスレットか何からしいのですが、はっきりしない。
クメールは12~15世紀の王朝。アンコールワットやトムの遺跡を築いた1大帝国です。

祭器のようなボウルなどはよく見かけるのですが、この手のは、なにかはっきりしないので、
忘れたように、そのままころがっていた品です。
けっこういい味と重みのある雰囲気をもっています。
e0111789_1491696.jpg

これだったら、その某老舗にあってもおかしくないかも、と思って選んだものの. . (エッ、おこがましいってか)

# by muntkidy | 2007-09-21 14:21 | Comments(0)
2007年 09月 20日
鉄の動物
器物が続いたので、今日は、オブジェ。飾り物です。
アフリカ、ドゴン族の鉄の動物は、ガゼルとかの、鹿系。
かなり錆びがすすみ、細身になった体躯が、優雅なラインとなっています。
e0111789_12583645.jpg

フ〜、今日もまたまた暑い1日です。いつまで、この残暑、続くのやら?

# by muntkidy | 2007-09-20 13:08 | Comments(6)
2007年 09月 19日
すり鉢
このところ、骨董市での買い出しや、ヤフオクでも、すり鉢ばかりをねらっている。
大体、飴釉や、茶系の釉薬のものが多いのだけど、この色は珍しいのでは?
e0111789_1333215.jpg

薄ブルーの釉薬です。瑠璃釉の色ではないし、土は茶色。
不思議な感じのする民陶です。
どこの焼物なのでしょうか。ご存じの方いらしたら、教えて下さいませ。

どんな料理が合うかな〜。すり鉢利用より、お料理です。
これも、どなたか、ピッタリのお料理レシピを考えて下さいませ。

# by muntkidy | 2007-09-19 13:13 | Comments(0)
2007年 09月 18日
白磁?ガラス?
写真では、当然、白磁に見えると思うのですが、ガラスなんです。

と断言したものの、、、

パッと見つけた時、あ〜珍しい!!磁器っぽいけど、ガラス、
ガラスのぐい呑みってイカスじゃんか!と思ったのですが、
売ってた道具屋さんは、磁器だと、言っていました。

実は、見ればみるほど、わからなくなってきたのですわ。

高台のところを見ると、釉薬がかかっているようにも見える。
かかってないように見えるところが、マットっぽく汚れていて、磁器の感じがしてきます。
部屋の中の光りで見ると、磁器かもって、思えちゃうし。
でも、外の光線で見ると、ガラス。
あれれ、どっち??  どうぞ、お客さまのご意見を賜りたく。

形もカワイイ、卵のようです。
e0111789_12512816.jpg
e0111789_12514094.jpg


# by muntkidy | 2007-09-18 13:15