2008年 01月 20日
大江戸骨董市
大江戸骨董市、寒かった。
これから、雪が降るのでしょうか。

寒いので、オワリ。

# by muntkidy | 2008-01-20 17:34 | Comments(0)
2008年 01月 19日
フレーム
ゴッホの絵がはいっています。もっちろんプリントですがな。
farmhouse in provence の線描。

中身は入れ替え可能だし、気に入ったのは、フレームの細さ。
ここまで、細くシンプルなウッドフレームは、意外と見つけにくい。

1cm の木枠。23cm × 27cm の外枠サイズです。

e0111789_13271335.jpg


明日は大江戸骨董市出店。アンタイディーは午後4時に開店です。
雪かも??  さぶい。

# by muntkidy | 2008-01-19 14:21 | Comments(0)
2008年 01月 18日
錆びたオブジェ
e0111789_1355638.jpg

毎度おなじみですか。

でも、左のものは、初めて見た形です。
用途があるようでない、ドゴンのもの。
鋤みたいな形だけど、先っちょが動物みたく角がはえた異生物かのよう。

不思議ちゃんです。逆に置くと、ハテナ印。

右は、タイで見つけた鍬の刃、台をつけて、オブジェになっていただきました。

急に冷えこんで、寒い日が続いています。
今度の日曜日、大江戸骨董市が思いやられます。出店の予定。寒いだろうな。

# by muntkidy | 2008-01-18 13:19 | Comments(0)
2008年 01月 17日
ポルトガルの白釉
そういえば、こういうものもあったことを思い出した。
4,5年ほど前、ポルトガルに行った時に買ってたんだった。

売れなかったから、傘立てとして使ってたんだけど、
ちょっとまた、スポットを当てることにする。

大きい。
直径22 cm 高さ29cm の白釉、寸胴の保存容器。
壺と見たら、まっすぐのラインが珍しいと言える。
ピンと締まった薄さで、品もあると思う。

釉の白は、デルフトともフランスの白釉とも少し異なって、微妙にグレイッシュ。
大きさのせいか、釉の流れに変化があって、おもしろい。

写真の色がよくないので、ぜひ、来店して見てほしい。

e0111789_1664568.jpg


# by muntkidy | 2008-01-17 16:21 | Comments(0)
2008年 01月 16日
団子皿
みたらし団子など、苦手な私ですが、(お雑煮も、モチなしでいただきます。)
都をどりの団子皿が手にはいって、よろこんでいます。

グラフィカルに、モダンに仕上がっているのを探していたのですが、
かなり使い込んだ、いい味の1枚をゲットすることができました。
永楽の銘がはいった楽焼。赤楽です。

鉄釉の団子の絵付け部分もベタッとしてなく、筆運びが生きています。
かわいくもあり、かっこよくもある。

e0111789_12472554.jpg


# by muntkidy | 2008-01-16 13:23 | Comments(0)