2007年 07月 15日
趣向を変えて、我が右手に登場してもらいました。(ウ〜ン、男の手やな)

内側だけに、釉がかかっているオランダのクリーム入れ。18世紀の発掘ものです。
黄色の釉が優し気な、ぐい呑みとなります。優雅な1品。

e0111789_1328869.jpge0111789_13282349.jpg

さて、今日、関東は台風の日。
今のところ、風、雨もはげしくありませぬが、早く通り過ぎますように。

# by muntkidy | 2007-07-15 13:44 | Comments(2)
2007年 07月 14日
馬の目皿
資金short のため、骨董ジャンボリー行きを断念いたしました。
じとじとの雨の日、じっと、店番をすることにします。

さて、今日は民芸チックなものを。
以前なら、目もとまらなかった馬の目皿ですが、ちゃんと見ると、やっぱりいいものです。
馬の目ならなんでもいいのではなく、筆の勢いとか、釉の光り加減とか、
選べるものと、ないものがあるけどね。
写真のこれは、けっこう、高く評価したい馬の目。
焦げ茶の柄の部分、ささっと迷いなく勢いがあって、力を感じます。
釉薬の感じも申し分ない、深みのある質感をもっている。
見れば見るほど、ほ〜っとする温かさを感じてくるのですが。

直径20cm の小さめサイズ。軽さも使いやすさのポイントです。

e0111789_141729.jpg


# by muntkidy | 2007-07-14 15:25 | Comments(0)
2007年 07月 13日
コーヒーミル
今日は軽く、使えるものといきましょう。コーヒーミル2品です。
人気の商品と言えば、人気の商品。なので、あまり、目新しくはない。
ただ、左のプジョーのミルは、195○年(はっきり覚えていない)辺り数年の製造らしいのですが、
(フレンチカーのプジョーです。)
以前より手にはいりにくくなっています。(ないことはないのだけど)
ペイントの状態などで、姿が異なって見える品。
全部剥いで鉄味を出しているのを見かけたこともあります。
オリジナルはこのイエローのペイント。
お値段もはりますが、意外とさがしてる人は多いので、足は早いかもしれません。

どちらも、手にもって曳けるところがポイント。
右のアルミのミルはデザインもグッドだと思います。ちょっと曳くのに力がいりますが。
e0111789_12495186.jpg


# by muntkidy | 2007-07-13 13:17 | Comments(0)
2007年 07月 12日
鶴首徳利
今朝、吉祥寺で、楳図かずおに会った。(見かけたというのが正しい。ハイ)
トレードマークの赤の帽子と、赤のボーダーだったが、
かなり年をとっていて、若ぶったおじいさんになっていた。経た年月を感じましたな。
小さいころ、天井にへび女が潜んでいると思って、恐かったもんです。

さて、たまたまのこの話が、今日のブツにどうつながるのか。
長年の読者はおわかりですな。
へび女の長い首から、長い鶴の首に繋がるというわけ、です。
(全くもって、ひとりよがりの話のもっていき方!)

ということで、おののきながら買ってしまった、鶴首徳利です。
首の美しさに見愡れました。
お尻あたりのぽってり感も、より首の細さを強調しています。イヤミじゃない細さだと思う。

陶土の感じ、色の染み方など、白薩摩かと、思ったのですが、伊万里だそう。
確かに、弾くと、微妙に磁器の音のような気がします。
かなり軟らかめの磁器といった感じです。
だから、ここまでの色に変化したのか、シミの感じも、かなりの魅力をもっています。
写真より、もう少し、全体にベージュがかった色調です。
e0111789_13154869.jpg


# by muntkidy | 2007-07-12 13:22 | Comments(0)
2007年 07月 11日
ライト
昨日、コワイ和骨董界にも足を踏み入れそうだと、書いていましたが、
イエイエ、そこは雑多なアンタイディーでありますので、
ジャンクから、何から、いろいろな方面への興味を忘れてしまうわけではありません。
いろんな引出しをもっているわけなので、
自分の好みと、モノの良さをしっかり見つめていこうと思っている次第でありんす。

そこで、今日はモダンもの。クリスチャン デルの照明のライトです。
バウハウスの照明は今までもいろいろ紹介されてますし、よく見るデザインなので、
あまり触手が動かなかったところもあるのですが、
今回、ヴァンヴの蚤の市で、これなら、買いたいと思わせるものを見つけました。
レアものタイプではなく、比較的見かける普通のスタンドタイプのデザインです。(Noは知らない)
ですが、平たんな黒のペイントが剥げ、微妙に錆びたところが、うまく手入れされ、
なんとも焦げ茶色のいい風合いになっています。
同じタイプの中でも、今まで見てきた中の一番。
モダン好きでなくても、古物好きな人にも、コレはおすすめ。デスク上にいかがでしょう。
e0111789_1491088.jpg


# by muntkidy | 2007-07-11 14:17 | Comments(2)