2009年 06月 04日
阿修羅展

平日の朝1だったら、まだ、ゆっくり見れるでしょと思って、
開館の9時30分前に行ったのに、もうすでに極太の長蛇の列。
入館できたのはなんと10時15分でした。上野の 東京国立博物館。

さすがに、阿修羅はすばらしいかったのですが、押すな押すなの大渦に、げんなり。。。

360°から見れるということだったのだけど、後ろは別にって感じだったから、
奈良の地で、あるべき静かな空間で拝むほうがよろしいようで。

でも、実際見て感じられたのはよかったかな。
写真では伝わらない空気感といいますか、他のとは、ぜんぜん違います。
あ、八部衆の五部浄ってやつもよかったです。

今のように、合掌していない阿修羅の写真を載せているブログがあったので、
興味のある人はコチラ。


さて、今日のお品。日本のものといきましょう。
阿修羅の腕にちなみまして、(こじつけ感多し)コレ。

阿修羅展_e0111789_11583385.jpg
阿修羅展_e0111789_11584233.jpg
阿修羅展_e0111789_11585188.jpg
阿修羅展_e0111789_1159125.jpg


鹿児島や沖縄にある酒注ぎ、カラカラです。
でも、焼きは会津本郷らしいのです。腕というか、口のところがスッとしています。
沖縄、鹿児島モノだと、ちょっともう少し、ぽてっとしてて、短い気がします。

高さ11.5cm 幅13cm ¥15,000

by muntkidy | 2009-06-04 12:14 | Comments(0)


<< 髪つくろい      ドイツの塩釉 >>