2009年 06月 24日
布志名の深皿

第3回サイレントオークション開催中ですが、アレ、
1名さまのご参加のみ。皆さま、どういたしましたのん?

まぁ、確かに、モダンプロダクト好きの方はあまりこのブログを見ておらんだろうし、
かつ、モダン好きはもしかして、錆足は好きでないかもしれんし。
なんと、いつも狭いトコロを狙っとるかと、反省の仕入れであります。

お読みの皆さま、お好きな方にお知らせして下さいまし。
イサムノグチのロッキングスツールが安く手に入るよ!と。



さて、通常なオシナ。今日はニッポンの西洋民藝。
(ちょとオカシナ表現ですな。ニッポンが民藝の本家本元ですから。)

黄色のガレナ釉が、ヨーロッパっぽい。
南仏の陽光輝くような焼物に似たようなもの多いです。

泥臭さがおさえられた日本の民窯、いつもさがしている雑器です。

瀬戸の石皿とちがって軽いところも、お勧めな点。
深めのフォルムも使いやすい普段使いの1皿です。

直径26m、高さ7.5cm


布志名の深皿_e0111789_1137284.jpg
布志名の深皿_e0111789_11373897.jpg
布志名の深皿_e0111789_11374767.jpg
布志名の深皿_e0111789_11375548.jpg


by muntkidy | 2009-06-24 11:56 | Comments(2)
Commented by オマ at 2009-06-24 14:36 x
いつもみなさん駆け込み入札なのでギリギリで駆け込んで来るんではないでしょうかー
Commented by muntkidy at 2009-06-24 18:24
だったら、いいのですが。。どうなりますやら。


<< ピューターの鍔広皿      第3回サイレントオークション >>