2009年 06月 25日
ピューターの鍔広皿

第3回サイレントオークション開催中です。
どうぞ。ご参加おまちしております。締め切りは今夜です。
まだ一人の参加ですぞ。


今日は、18世紀アントワープのピューターの皿。
アントワープは今はベルギーですが、元々はネーデルランドの一部。オランダだったところです。

リムのない断ち切りタイプ、鍔/つばの広いタイプはなかなか見つからない。
大皿で飾りがいのある姿をしています。
長年の黒びた味がとれたところと、そのままのところが微妙に景色となっていて、
ただの真っ黒よりはおもしろいと思う。

こんな古いピューターの肌のもつ雰囲気は、ただ金属だからってことだけでなく、
クールな冷徹さがあって、背筋が伸びる感じがします。
(たまにはキリッとすることも大事だす)
でもって、冷たすぎないところが古い素材感ならではのところ。

直径35.5cm、高さ4cm ¥ 60,000

e0111789_11123959.jpg
e0111789_11124990.jpg
e0111789_11383774.jpg
e0111789_11384758.jpg


by muntkidy | 2009-06-25 11:39 | Comments(0)


<< 断酒      布志名の深皿 >>