2009年 06月 27日
掛花入れ

あれま、今日はすっかり背骨や、肩の痛みがひいている。
ちょっと、首を回すとギクっとするぐらい。
いったいなんだったのか。

もうお年なのだから、ムリをしちゃいけないよと、後ろのほうから小さく聞こえてくる感じ。
でも、今日あたりは、ちょっと舐めるぐらいは、呑んでもよかろうという声も。

真夏日でしょう、本日。
ビールぐらいなら、アルコールでないということにしておきますか。



さて、本日のお品。まるで関係ない品となりますが、チベットの文房具入れらしい。

ヤクの毛を織った布と皮でできている。
単に味というだけでない、なんとも言えない雰囲気をもっています。
鼻を近づけると、ケモノくさい、大地に近い暮らしの匂いがして。
パキスタンのペシャワルやスワートに行った時の記憶が広がってくる。
これはチベットのものなので、もっと険しさのない温和なイメージがありますが。

元々の人間の泥臭い暮らしの中から生れてきた道具類って、ますます少なくなってるのだと思う。
だからこそ大事にしたい思いとモノであります。

掛花入れに使えます。長さ39cm

掛花入れ_e0111789_1036207.jpg
掛花入れ_e0111789_10363153.jpg
掛花入れ_e0111789_10364461.jpg


by muntkidy | 2009-06-27 11:09 | Comments(1)
Commented by sssumunion at 2009-06-27 11:11
初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま~す<m(__)m>


<< ヨーロッパの片口      断酒 >>