2009年 06月 30日
黒と白

黒いお皿と白いお皿。

白の洋皿は定番で、永遠なるものだと思いますが、一方黒い皿っつうのはあまり見かけない。
だけど、日本には、漆という誇っていい工芸があって、
黒漆のお皿なら、銘々皿として、いろいろ作られてきました。

先日、木地が薄めで、和に偏りすぎない綺麗なカタチの銘々皿を見つけたので、
うまく、白の洋皿とうまく取り合わせることができて、今日はうまく2種の紹介。

柄もはいってないプレーンなお皿。

和も洋もまぜこぜごちゃごちゃになっている今の日本ならではの食卓を
うまく飾ってくれることと思います。

e0111789_1282317.jpg


e0111789_1284081.jpg


白いお皿は、オランダ、マーストリヒトから。直径13cmの小皿。 
黒いお皿は、お家芸日本の黒漆のお皿。直径17cm

漆の色はだいたい真っ黒ですが、
光りの当たりぐあいで、集合写真真ん中のようにも見える時があります。
薄さが魅力で、国籍不明な感じがします。

by muntkidy | 2009-06-30 12:26 | Comments(0)


<< 木の器      ヨーロッパの片口 >>