2009年 08月 18日
少年愛の自転車


そそられる自転車を見つけました。

Youth size。少年用の自転車。
それもウッドフレームの、なんて、グッドデザインな1台。

どこぞのおぼっちゃまが乗っていたのか。

明治のハイカラ人種が取り寄せた自転車。稲垣足穂の世界であります。
(私の写真がちょとその世界の雰囲気を出せてませんが。。ご勘弁を。)

少年愛の自転車_e0111789_1134642.jpg


いろいろ調べていたら、インターネットで同型のものを見つけました。
アメリカの自転車ミュージアムのサイトです。下左の写真。

ここには1870年代と書かれているが、
チェーンをつけた後輪駆動の自転車が発明されたのが1879年。
そして1885年にローバー安全型自転車 (Rover Safety Bicycle)という、
側面から見て菱形のシルエットを持つダイヤモンド型のフレームの自転車が
発売されたらしいので、そのくらいではないかと考えられます。
アメリカ製かイギリス製かはわかりませんが、明治20年代ぐらいの自転車。

金属フレームではない、ウッドフレームというのが貴重です。

明治30年頃の日本での自転車写真も見つけましたので、それも。
(別冊太陽の稲垣足穂特集より)

少年愛の自転車_e0111789_1136630.jpg


この写真の自転車は大人用の金属フレームなのだけど。

少年用の木製フレームの自転車なんて、
それも、すごくシンプルな作りの初期デザインではないですか。
う=ん、ミュージアムアイテムですな。
(アンタイディーの空間では映えんではないかい!!)

細かい写真は明日。今日は全体像だけを。

少年愛の自転車_e0111789_113872.jpg
少年愛の自転車_e0111789_11381682.jpg


by muntkidy | 2009-08-18 11:48 | Comments(0)


<< タルホの自転車      手描き絵 >>