2010年 03月 22日
メジャーカップ


メジャーカップというか、メジャーポットというか。

油を量るのに使われていたブリキの容器。
大英帝国 植民地時代のインドにて、使われていたものです。

e0111789_1131437.jpg
e0111789_11315274.jpg
e0111789_1132123.jpg


記載されているように、2分の1 GILL  (ジルと呼びます。)
1gill は4分の1 pint (パイント)
日本では馴染のない、ヤード、ポンド法における体積の単位です。

1パイントは 0.56826125リットルらしいので、
2分の1ジルは、0.07103265625 リットル、
1リットルは1000ccだから、およそ 71ccぐらいってとこですか。

このカタチの容器では、一番小さいものかと思います。

この小ささで、この存在感。
しっかりしたブリキでできています。
ペラペラではない厚みのある鉄板を使ってる。

e0111789_1132356.jpg


高さ9cm、幅9cm、¥6,800

by muntkidy | 2010-03-22 11:44 | Comments(0)


<< 白丹波      店内写真 >>