2010年 08月 23日
まな板1


木味のすばらしいフランスのまな板。
どちらの面もそれぞれの表情があって、実に面白い。

まな板1_e0111789_11132599.jpg

まな板1_e0111789_11134288.jpg


これは使うというより、
ブッタイとしての木の存在を感じてもらいたい。
元は、平坦に削った木が長年の使用により、こんなになるのだ。

まな板1_e0111789_1117618.jpg

まな板1_e0111789_11172415.jpg

まな板1_e0111789_11185671.jpg


ムムム。
まな板人生を、まっとうしていると思いますな。

どうやったら、片面のへこみができるのでありましょうか。
無数の包丁の跡と一緒に、なんとも味わい深い質感。


あまり使っていたなかったであろう、もう片面も、
白っぽくて、傷跡が少なく深く、抽象画の感じもあります。
まな板1_e0111789_11225258.jpg



残念なのが1点。角に後からの欠けがあるのだけど、
これもご愛嬌。新キズとして愛でてあげたい。
まな板1_e0111789_11251864.jpg


縦30cm 幅18cm 厚み3.5cm  ¥16,000 (売約済)

by muntkidy | 2010-08-23 11:31 | Comments(0)


<< まな板2      ヨーロッパの片口 >>