2011年 02月 17日
敷板3点


    お知らせ:明日18日(金)はPM6:00で閉店させていただきます。
         2月20日(日)は大江戸骨董市に出店します。
         お店は午後4時からの開店です。


あ〜いやな時期がやってきましたがな。
確定申告。。。
ぎりぎりにならないよう、早く取りかからないとね。


本日は枯れた敷板3点。

まずは同じ手の花器を置いてみたところを見てもらおう。
e0111789_11175178.jpg

e0111789_1118267.jpg

e0111789_11181531.jpg


どうです。なかなかいいでしょ。
タイから。チーク材です。

元々は敷板であるはずもないですが、
ちょうど品よく花器が映えるかと。
中に四角い台座のような部分もあり、
そして、端に向かって、なだらかに低くなっている。
お立ち台と言った感じです。

元は扉のパネル部分なのでありますが、
なんと、敷板にばちぐんでは?
見立てでありますね。

外サイズも中の台座サイズもそれぞれ。
そして、それぞれの枯れ方。

もうちょっと真上から。
e0111789_11202192.jpg

e0111789_11203970.jpg

e0111789_11205235.jpg


花器を外すと。
e0111789_11231258.jpg

e0111789_11232644.jpg

e0111789_11233871.jpg


3枚を並べて、裏表。
e0111789_11241640.jpg

e0111789_11242815.jpg


裏にしても、面白い。小さい分で1例。
e0111789_11271577.jpg



括弧内は中の平な部分のサイズ。
小 26cm x19cm (18cm x11cm) ¥8,000 
中 31cm x 18.5cm (20cm x10cm) (売約済)
大 34cm x 21.5cm (27cm x15cm) ¥8,000

ちなみに、枯れた花器は、これもタイの仏具。
仏さまにお供えする花を活けてました。
今だと、落としを入れて、茶花なんぞ。

高さ17cm 胴径9cm ¥12,000

by muntkidy | 2011-02-17 11:43 | Comments(0)


<< 寺院モノ      色絵芙蓉手の西洋皿 >>