2011年 04月 25日
木の道具
GWのお知らせ:4月30日(土)、5月1日(日)は
        青山のヴァルカナイズロンドンビル3Fのアンティークフェアに出店です。
        お店はその時はお休みになりますので、
        5月2日(月)3日(火)4日(水)5日(木)は営業いたします。


続々と荷物も到着し、品々豊富な店内となっています。
大事に紹介していきましょう。

フランスからの木の道具を2点。

まずは、それはそれは美しいフォルムの木のボトル。

木の道具_e0111789_11185388.jpg

木の道具_e0111789_1118338.jpg


刳り貫きではなく。そりゃそうですわな。
ボトル状に木を刳るのは至難の技。
寄せ木、鉄で巻いてある。

さて、用途は?
実はこれ、底がない。

木の道具_e0111789_11205824.jpg


吹き硝子のボトルを作る時に使う、外枠なのであります。
むむむ、やるな。コイツ。

それにしても、真ん中の張ったところから、
底にかけてのラインが、素晴らしく美しい。

鉄錆びた外枠との合わせもいいのです。
(真ん中の1本は無くなっています)
木の道具_e0111789_11261170.jpg




次は、桶。
これももちろん、単なる桶じゃ、ありませんぜ。

木の道具_e0111789_11273554.jpg

木の道具_e0111789_1127139.jpg

木の道具_e0111789_11274882.jpg

木の道具_e0111789_1128123.jpg


内側の白っぽい色の変化と穴を見たら、
わかる人はわかる。

そうです。
チーズを作る時に使うもの。
穴が開いてるのは、水分を落とすために。
特別にrebloshon というサボア地方のチーズのためのものらしい。

この白づいた木の質感、外の木の質感の取り合わせ。
私は感動いたしました。ええでっしゃろ。

曲げた木の作りも、丹念で綺麗です。

木の道具_e0111789_11351883.jpg

木の道具_e0111789_11352969.jpg


日本にはない、木道具の魅力、満載です。

ボトル 高さ31cm 底径7.5cm  (売約済)
オケ  高さ8.5cm 直径18.5cm (売約済)

by muntkidy | 2011-04-25 11:47 | Comments(0)


<< ピューターの皿      店内写真 >>