2011年 04月 27日
ピューターの皿
GWのお知らせ:4月30日(土)、5月1日(日)は青山の
        ヴァルカナイズロンドンビル3Fのアンティークフェアに出店です。
        お店はその時はお休みになりますので、
        5月2日(月)3日(火)4日(水)5日(木)は営業いたします。



ピューターのお皿が、充実しています。

一番うれしかったのは、これ。
ぺったり平らなワイドリムのお皿。
商談中ですので、1カットのみ、披露させちゃいます。

e0111789_11102168.jpg



次からは、まだ行き先を探している品。
17世紀の深皿です。オランダ。
写真は小さく感じますが、けっこう大きく迫力あります。

e0111789_11123675.jpg

e0111789_11125174.jpg

e0111789_1113540.jpg

e0111789_11132476.jpg


肌の色艶がもう、時代の変遷を感じさせますな〜
ピューターは普通の銀色のはずですが、
ここまで変色し、老獪な雰囲気。
17世紀といえば、300年は経てきたピューターですからね。
歪みや欠けも味わい。魅力のひとつとなっています。
ずっしりと重く、鉛含有の多さも感じさせる。

直径20~21cm 深さ4.5cm (売約済)



次は、楕円と小さい丸。
平たい楕円は珍しいです。

e0111789_1120465.jpg

e0111789_11205242.jpg

e0111789_1121948.jpg


楕円はベルギー、18世紀。
これも薄くて平。
もうちょいと艶を出せば、格が上がると思う。柔らかめの古手タイプです。

丸はイギリス、20世紀初めのだから、
躊躇なく使えます。(古いのは鉛の含有量が多いので)
小皿だから、ツマミにいいよね。


楕円 14cm x 8cm 高さ1cm (売約済)
丸  直径15cm   高さ1cm (売約済)
 

by muntkidy | 2011-04-27 11:32 | Comments(1)
Commented at 2011-04-28 22:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< コプト教の巻物      木の道具 >>