2011年 07月 23日
花柄Ⅰ


本日から、ビニールのバッグ 大塚淳子展、始まります。
どんな感じかは、明日の写真をお楽しみに。
(Muntkidy は午前中更新ですので、まだ始まっていないのね。)


いつものフルモノから、紹介いたしましょう。

最近、花柄に凝っている。
というか、魅力的に映る花柄に出会うことが多くなってまして。
ラブリー方面への開花でございましょうか。

どははー!
いやいや、いろんな引き出しが、たまに開くってことでしょうな。
えぐめな人体解剖モノにもますます凝ってますし、ね。

ということで、第1弾。

彩色花文様の和硝子。

花柄Ⅰ_e0111789_10274528.jpg

花柄Ⅰ_e0111789_10284448.jpg

花柄Ⅰ_e0111789_10275868.jpg

花柄Ⅰ_e0111789_10282368.jpg

花柄Ⅰ_e0111789_1029725.jpg



はかない薄さのガラスの質感はもちろん、
ことのほか、この花柄には値段も関係なく、つかまれてしまいました。

クリスマスローズの鈍い病んだようなピンクも好きなのですが、
こんな朱の色にもびびりときてしまいます。
葉っぱの鈍い色合わせが効いているんですな。

蝶も飛んでるしね。

可憐なのですが、ちょと毒のあるような。
ムムム、実にステキ〜な硝子でございます。

口径6.8cm 高さ9.5cm (売約済)




さて、バッグの展示会、始まる前にもう1点。

マルく抜いた形。ビニールとストライプコットンの取り合わせ。
これも、なんだか、新鮮です。

花柄Ⅰ_e0111789_10354558.jpg


凝らして見ると、左の輪っかのところに小さな丸いタグが見えると思いますが、
値段を色分けして、表示しています。

黄色は¥6,000 オレンジ¥7,000  青¥7,500 赤¥8,000 緑¥9,000  といった感じ。
夏を楽しむバッグにして下さいませ。
年中使えますけどね。

by muntkidy | 2011-07-23 10:57 | Comments(0)


<< 花柄 Ⅱ      志野の小皿 >>