2011年 09月 03日
まれなフォルム

風の強い1日になりそうです。雨は降るのかな〜。


本日のお品。
う〜ん、実にいいものが入りました。

まれなフォルム_e0111789_1057011.jpg

まれなフォルム_e0111789_11284044.jpg

まれなフォルム_e0111789_1056418.jpg

まれなフォルム_e0111789_10572834.jpg

まれなフォルム_e0111789_10574382.jpg

まれなフォルム_e0111789_1058224.jpg

まれなフォルム_e0111789_1125302.jpg


フランスの白軟陶の小品ですが、
和の白磁好きも好むと思われる1品です。
小さいながら、キリリと光るものをもっている。

多分、鳥かごの中で使われた、水浴び用の水入れだと思われるけど、
こんな形は和物では見つからない。
長めの楕円で、浅めに立ち上がり、そして、取っ手付き。
平凡なようで、まれな取り合わせなフォルムだと思います。

でも、魅力はフォルムだけではない。
それにも増して、19世紀ものらしい、器胎の薄さと、白の釉調の深み。

私はこちらを重視したい気分。
ムスチエのようなぼってりと厚みのある白釉もいいのだけど、
きりっと軽さを感じさせる清涼感のある肌。
クリアさがあって、小気味よさを感じさせます。

オリーブなんかのつまみを入れて出したいね。

13cm x 9cm 高さ 3cm (売約済)

by muntkidy | 2011-09-03 11:30 | Comments(0)


<< サントス胸像      アフリカの貨幣 >>