2011年 09月 16日
三彩の古陶

    あさって日曜日18日は大江戸骨董市に出店します。
    8時半ぐらいには広げています。場所はわからないけど、
    多分、有楽町寄りの辺り。
    午後2時半にはかたずけにはいりますので、お早めに。
    西荻のお店は午後4時に開店します。



ヨーロッパの古陶として、実に似つかわしい器が手にはいった。
18世紀の三彩平鉢。

三彩の古陶_e0111789_10413887.jpg

三彩の古陶_e0111789_10415328.jpg

三彩の古陶_e0111789_10423629.jpg

三彩の古陶_e0111789_10425460.jpg

三彩の古陶_e0111789_10433121.jpg


こんな大きな欠けがあっても、気にならず、
よけい格を上げてる感すらあり。
底面の釉はげも、ありのままの姿で、
なんとも言えない味わいとなっています。

フランスから来ているのだけど、どうなのだろう。
フランスなのか、定かではない。ちょっぴり東欧の匂いもしてきます。

ずっと見ていて、飽きがこない焼物です。
だんだんよくなってくるのよね。
焼物のよさは、こんなところなのかもしれません。

三彩の古陶_e0111789_111665.jpg

三彩の古陶_e0111789_1111998.jpg


最後に、皿立てに飾ったところ。

三彩の古陶_e0111789_1115770.jpg


ここまで味わい深いヨーロッパの焼物はあまり見つからないと思う。

直径23cm 高さ5.5cm (売約済)

by muntkidy | 2011-09-16 11:09 | Comments(0)


<< ひょうたんの木版画      スポンジウェアの変形皿 >>