2011年 09月 21日
焦げ茶のマグ

     明日は平和島骨董祭りのアーリーバイヤーズデーです。
     12時から短時間で行ってきますので、
     お店の開店は3時となります。
     いいものに出会えますように。


昨日出会えた品を。いつもさがしているマグカップです。
深〜い焦げ茶の釉。

アメリカものも捨てたもんじゃありません。

焦げ茶のマグ_e0111789_1312481.jpg

焦げ茶のマグ_e0111789_1314264.jpg

焦げ茶のマグ_e0111789_1341483.jpg

焦げ茶のマグ_e0111789_1343554.jpg

焦げ茶のマグ_e0111789_1345338.jpg

焦げ茶のマグ_e0111789_135661.jpg

焦げ茶のマグ_e0111789_1355088.jpg


アーリーアメリカンのころの redware レッドウェアと呼ばれる焼物。
えび茶や、焦げ茶釉の野趣あふれるおおらかな器です。

立った姿が、骨太で、精悍さを感じる気がします。

ゆっくりと、多めの朝の1杯にいいmy cup となるのでは。
アメリカンにぴったりの大降りカップです。
底にかけて、径が小さくなっているのも、使い勝手がいいと思う。

マグカップ、なかなか古いのは見つからないので、これはおすすめ。
タイトなにゅうが1本。(胎土にははいっていない)

口径10cm 取っ手部分の幅13cm 高さ18cm (売約済)

by muntkidy | 2011-09-21 11:30 | Comments(0)


<< 黄釉の鉢、フランスより。      店内写真20/09/11 >>