2011年 09月 22日
黄釉の鉢、フランスより。
台風一過の爽やかさ。
平和島骨董祭りに行ってきます。
お店は午後3時からの開店です。



ここのところ、焼物が続いてますが、
本日もそう。
器に興味のない方も、おつきあい下さいね。


フロマージュブランを作る時に使う器だと聞いたことがあるけれど。
あまり、定かではありません。

黄釉の鉢、フランスより。_e0111789_857559.jpg

黄釉の鉢、フランスより。_e0111789_8564763.jpg

黄釉の鉢、フランスより。_e0111789_8572223.jpg

黄釉の鉢、フランスより。_e0111789_858413.jpg

黄釉の鉢、フランスより。_e0111789_8574160.jpg

黄釉の鉢、フランスより。_e0111789_8583338.jpg

黄釉の鉢、フランスより。_e0111789_8585117.jpg


すっと立ち上がるフォルム、取っ手、片口付きと
好きなポイントを抑えています。

サイズが小振り。
大きいものはよく見かけるけれど、
このサイズは珍しいかも。使いやすい器になると思う。

外の緑の釉は、製作途中のミスなんでしょうな。
あ〜あ〜、掛かっちゃった、って感じ、ですかの?
でも、それはそれで、面白いものです。


直径21.5cm 取っ手部分幅24cm 高さ7.5cm ¥10,000

by muntkidy | 2011-09-22 11:00 | Comments(0)


<< 麻靴      焦げ茶のマグ >>