2011年 09月 28日
大降りな金魚鉢

   お知らせ:10月1日(土)は青山骨董通りマーケットに出店いたします。
        今月末の目白コレクションもお忘れなく。


もう薄手のコートを引っ張り出してきてしまったのだが、
こんなときに、季節はずれな金魚鉢2点。
花活けにもいいですし。
古い硝子の質感は暖かみもあるので、寒い時期にも眼をさわやかにしてくれる。

どちらも大降りだけど、タイプは違う。

大降りな金魚鉢_e0111789_10311588.jpg


そう、左、正しくは、金魚玉と呼ばれる江戸の硝子。
右は足付きの金魚鉢。

まずは右から。
大降りな金魚鉢_e0111789_10324787.jpg

大降りな金魚鉢_e0111789_1033117.jpg

大降りな金魚鉢_e0111789_10331684.jpg


厚めで頑丈な硝子。金魚鉢の王さまっぽく、堂々としています。
3本の足があるのが、レアですか。

透過の光と影の感じもいいものです。
大降りな金魚鉢_e0111789_1035182.jpg



次は、金魚玉。
つり下げて金魚を楽しんだもの。江戸の風物詩です。

あやうさ漂う、丸くて薄い硝子。
小さいものなら、まだ見つかるけど、
よくぞ、この大きさのもの残ってました。

ホント、薄くて怖いぐらい。よく生き延びてきたと感嘆です。
歪んだ姿も魅力だし、
やさしく弾くと、やはり、鉛を含んだピンとした音がする。

大降りな金魚鉢_e0111789_1040750.jpg

大降りな金魚鉢_e0111789_10402255.jpg

大降りな金魚鉢_e0111789_10403760.jpg


金魚鉢 直径24cm 高さ13cm (売約済)
金魚玉 直径17cm 高さ13cm (売約済)

by muntkidy | 2011-09-28 11:12 | Comments(0)


<< 鉱物の結晶ポスター      目白コレクション >>