2011年 09月 30日
瀬戸の片口

明日は青山骨董通りマーケットに出店いたします。
屋根のあるパーキングですので、雨でもやっています。
どうぞ、おいで下さいませ。


瀬戸の片口。
サイズも小さくもなく、特大でもなく、よくある品なので、
な〜んだ、と思われそうだけど、
ぜんぜんなまくらでない!作りなので、紹介したい。

瀬戸の片口_e0111789_1131893.jpg

瀬戸の片口_e0111789_1152742.jpg

瀬戸の片口_e0111789_1134452.jpg

瀬戸の片口_e0111789_1144181.jpg

瀬戸の片口_e0111789_11541100.jpg

瀬戸の片口_e0111789_116208.jpg

瀬戸の片口_e0111789_1192355.jpg

瀬戸の片口_e0111789_1163918.jpg


どこをなんと言っていいのかわからないのだけど、
同じような片口はいっぱいあっても、
出来が違うと言いたい、作り。

側面から、底、高台にかけての品のある丸み。
全体の、薄すぎず均等に芯のある骨格。
釉調の変化具合。

民藝ならでは。職人のいっぱしの腕が発揮されている器だと思う。
たかが雑器でありながら、こんな品を作っていた昔の日本はさすがであります。
大事にしたいですね。


直径21cm 片口部分幅23cm 高さ11.5cm (売約済)

by muntkidy | 2011-09-30 11:36 | Comments(0)


<< 特大のキュノワール      鉱物の結晶ポスター >>