2011年 10月 23日
ビルマの白釉



         今週末29日(土)30日(日) は目白コレクション。
         お店はお休みしますので、
         どうぞ、目白のデサントビル 椿ホールまでおいで下さいませ。
         47店舗の骨董屋さんが集まります。初日は12:00 から
         アンタイディーの場所は、右側の一番奥で〜す。


ここ4年ほど、ミャンマーには行かなくなってしまったが、
民主化がすすむ気配もでてきて、また入国しやすくなってるみたい。
空港でビザがとれるようになったらしい。
ミャンマーは私の好きな品の宝庫でありますゆえ、
また、仕入れ旅を検討したいと思っています。


そんなミャンマーからの品。
以前からよく探している白釉です。大皿を見つけました。

e0111789_114159.jpg

e0111789_1144490.jpg

e0111789_115077.jpg

e0111789_1151722.jpg

e0111789_1155856.jpg

e0111789_1161134.jpg

e0111789_1163057.jpg

e0111789_1164216.jpg


白釉の風情が優しげで、細やかさを感じます。

白の洋皿にはない、立ち上がりがあって、
皿としてはあまりないフォルム。

15,6世紀の発掘物ですが、ぜひ使ってほしい1枚。
しっとりとした気品があるところが、魅力です。


直径28cm 高さ6cm (売約済)

by muntkidy | 2011-10-23 11:23 | Comments(0)


<< ヤオ族の絵      売約済 >>