2011年 10月 27日
ドイツのカップ


昨日は失礼いたしました。
本日はすっきりとした体調で始まりです。

目白コレクション、いよいよあさって。どうぞ、お楽しみに。
アンタイディーは右側の一番奥。どうぞ、おいで下さいませ。
新規のお品がたくさんありますよ。

これももっていくお品ですが、先に紹介。
ストーンウェアの品はビールジョッキや、ボトルなどに見かけることが多いと思いますが、
カップです。

19世紀末の品。
柄付けもカワイく、おすすめです。

e0111789_1037639.jpg

e0111789_1039222.jpg

e0111789_1039183.jpg


1個づつ、もった感じ。
e0111789_10373695.jpg

e0111789_10375125.jpg

e0111789_1038237.jpg

ドットは無難にカワイイです。
e0111789_1038272.jpg

これがもった感じは一番いい。取っ手のホールの部分が大きく作られています。
e0111789_10384234.jpg

これが一番グレーがかってて、大きめ。


ストーンウェアなので、手取りが重いほう。
そこが重厚感ありますね。
ソーサーがあったのかどうかはわからない。
マグカップとして使うのにいいです。コーヒーにどうぞ。

口径9cm~9.5cm 高さ5.5cm~6cm  (売約済)


そうそう、BSは見れないので、ま、いいかとオッケーした
テレビ取材。きゃ〜。
一応宣伝しとこうね。
眼からウロコの骨董塾って番組あるのかしら。BSジャパン。
本日の放送にて、アンタイディーが紹介される模様。
勝見さんのコーナーです。

by muntkidy | 2011-10-27 10:52 | Comments(0)


<< 目白コレクション 前日      ・・・ >>