2011年 11月 11日
ラオスのミャオ族ペンダントヘッド
 

       お知らせ:12月6日でアンタイディーは開店15周年を迎えます。
            記念に2012カレンダーを作りました。
            ただいま、お買い上げのお客さまにプレゼント中です。

            11月16日(水)〜28日(月)まで、仕入れのために
            お休みさせていただきます。
            29日(火)から開店。
            火曜は定休日ですが、この日だけ返上です。


東南アジア側に住む少数民族のオリジナルの古いシルバーものなんて、
もう手にはいることなんてない、とばかり思ってましたが、
(もう出尽くしてるから)
ラッキーなことに、ディーラーの机の引き出しの奥底にはいっていました。
シルバーの専門のディーラーではなかったからこそ、
残ってたという品です。

ラオスに住んでるミャオ族のシルバー。
胸元にくるペンダントヘッドだけど、オブジェなフォルムをしています。

e0111789_10352826.jpg

e0111789_10354191.jpg

e0111789_10362817.jpg

e0111789_10361343.jpg


やはりコピーにはない、細かさと力強さです。
ゴールデントライアングルの人々の本から、参照。
e0111789_10393889.jpg


こんな大きなシルバーは日本人には似合わないし、
形だけで存在感がある。ということで、
台を作ってみました。どうでしょう。
トライバルアートとしてのしつらえになりましたな。

e0111789_10403065.jpg

e0111789_10404557.jpg


象徴的なフォルムがとても面白い。
でも、すみませぬ。1個だけです。
もう1個はもっと重くて、自作ではむずかしいのです。

台付き 高さ14cm 幅8cm (売約済)
台なし 6cm x 7cm     (売約済)



せっかくだから、もうひとつ。
トライバルなオブジェを。こんどはアフリカから。

e0111789_10475587.jpg

e0111789_1048643.jpg

e0111789_10482048.jpg


なんとアルミです。貨幣だと言われたが、そりゃないと思う。
ペンダントヘッドですね。多分。

これまた珍品なアクセサリー。
コートジボアール、バウレ族のものとか。

これだって、台を作って立てると、オブジェに早変わりでっせ。

長さ22cm 幅1.5cm (売約済)

by muntkidy | 2011-11-11 10:57 | Comments(0)


<< ルーマニアの絵皿      ミャオの刺繍布 >>