2015年 09月 14日
シルバーの盃
アフリカの貨幣 展、終了いたしました。
大勢のお客さまに見ていただき、とてもよかったです。

店も明るくなって、よくなったと、言っていただく方が多く、
嬉しいかぎり。

月曜も定休日に変更したので、
本日はお休みですが、

貨幣展の片付け、模様替えと、窓の受けの部分のペンキ塗りのため、
出勤しています。


本日の紹介はコチラ。

これもとても感動した品。

実に美しいフォルム。エレガントですね。

シルバーの盃_e0111789_97113.jpg

シルバーの盃_e0111789_971350.jpg

シルバーの盃_e0111789_973858.jpg

シルバーの盃_e0111789_975066.jpg

説明の紙を貼ったままで撮影してますが、取ります。

スウェーデンのuddevallg という街のJeremias Walbom という作り手の作。
彼は1776年から1808 まで、この街でマスターとして、シルバー工芸を作っていたらしい。
(1808年は亡くなった年)
その間の作品となりますね。

シルバーの盃_e0111789_9132912.jpg

シルバーの盃_e0111789_9134312.jpg

シルバーの盃_e0111789_9135762.jpg


薄くて、とつてもうつくしゅうございます。

冷やをいかがでございりませう。


高さ6.5cm 口径5.8cm ¥28,000


 

by muntkidy | 2015-09-14 12:00 | Comments(0)


<< pickled black p...      緑釉の小皿 >>