2018年 03月 11日
遣れたさかな君


東日本大震災から、7年となりました。
前の西荻の店の頃だったと、その時のことが甦ります。




今日は東北から来ているという、品でいってみましょう。


昨日とはうってかわっての民藝の品。

なんとまあ、遣れた魚の自在鉤なのですが、
いやいや、アートとして飾りたいオブジェになっていると思うのです。

用途から離れて、独特の存在になっているかと。

どんぞ。



e0111789_10532556.jpg
e0111789_10532500.jpg
e0111789_10532605.jpg
e0111789_10532582.jpg
e0111789_10532668.jpg




このテクスチャーはすごいのではないか。

e0111789_10532695.jpg
e0111789_10532573.jpg


こんな彫刻は誰にも作れない。


民藝の中にころがすより、台を作りたい感じ。
白い空間や、モダンなスペースで、アートピースとして、飾りたい。



幅26cm 高さ8.5cm ¥18,000







by muntkidy | 2018-03-11 12:00 | Comments(0)


<< 石の器      カイ フランク デザイン >>