2018年 08月 09日
スマトラ島の衣裳


●夏休みは13日(月)〜16日(木)とさせていただきます。



インドネシアは染織の逸品の宝庫。
最近ではなかなかいいものは手を出せない値段になっているが、
久しぶりに儀礼用の衣裳が手に入った。

スマトラ島のもの。

個人的に赤とオレンジの色合わせも好きな点だけど、
染織の方面から見ると見所は他のところなのかな。

いい仕事しています。

広げて飾ると眼を見張るものがありますね。
テキスタイルアートとして、単純な四角ではないから。


袖部分に藍が入っているところもバランスがいいのです。


e0111789_10230760.jpg
e0111789_10230722.jpg



なかなかカッコいいでしょ。
e0111789_10244543.jpg


藍の面積があって、またピリッとする。
e0111789_10244580.jpg
e0111789_10244572.jpg
e0111789_10263209.jpg
e0111789_10263280.jpg


アップで細かくみていくと。

小さい貝も程よく飾られ、
前身頃に雲母片を埋め込む細かい刺繍の仕事が優れています。
キラリと光るゴールドの輝き。
雲母はキララと読むんですもんね。

e0111789_10270922.jpg
e0111789_10281089.jpg

後ろ身頃の織りには金糸が使われています。

e0111789_10302227.jpg


わかるかな。
e0111789_11190662.jpg

オレンジと赤のストライプ部分は天然染料ではありませんが、
他のは天然ですね。





テキスタイルのコレクターさん、少なくなりました(今のアンタイディーには)

でも、出会ったいいものは大事に紹介して行きたいと思っています。


インドネシア、スマトラ島、kauer(族)20世紀前半

幅136cm 高さ30cm (Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2018-08-09 12:00 | Comments(2)
Commented at 2018-08-09 13:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by muntkidy at 2018-08-09 16:52
鍵コメ Kさま
コメントありがとうございます。
購入希望の場合、
画面の右側部分にある、青い字の Mail の部分をクリックすると、メールソフトに飛びますので、そこから、メールをいただくか、
コメント欄に非公開欄をチェックの上、
メールアドレスを記載下さいませ。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


<< カワイイ曲げわっぱ      緑のハコ >>