2018年 10月 20日
精緻な籠



明日は大江戸骨董市出店です。
いいお天気になりそうです。
どうぞ、多くのお客さまのご来場お待ちしております。
西荻のお店は午後4時から開店いたします。




タイからは、バスケット類もいろいろ買ってきてますが、(そう多くはないが)
これも見つけて嬉しかったものです。



細かく丹念に編んだ仕事。

胴部分の線の細かさがすごいのだ。

品のある立ち姿。

広がりあるフォルムもバッチグーでして。





e0111789_09512414.jpg
e0111789_09512555.jpg
e0111789_09512435.jpg
e0111789_09512526.jpg


今ではあまり考えられない細かさ。
それでいて、作品作品してない自然さ。これが民藝の仕事ですね。
e0111789_09512431.jpg
e0111789_09512559.jpg

e0111789_09512558.jpg


そう大きくはない。
中に入れるものを考えずとも、飾るだけでもいいのだね。
なんか存在感のある姿なのです。





もう1点行ってみましょう。

こちらは小箱。
これもけっこう気に入っています。

小さいナリながら、侮れない何かを持ってるんだな。


e0111789_09554808.jpg
e0111789_09554914.jpg
e0111789_09554884.jpg
e0111789_09554834.jpg



天と底の、エックスに渡した添え木がポイントになっています。

e0111789_09554848.jpg



右は底の部分。↓
e0111789_09554858.jpg

印鑑なんか、保管するのにいい大きさ。





編む仕事も、今出来のもののほうが高くなっていますね。
こんな昔の仕事のほうが、手に入れやすいのです。



大事に使って、次代に残していってほしい品。




籠 口径16.5cm 高さ9.5cm  ¥15,000
箱 12.2cm x 4.6cm 高さ6cm ¥8,000



 



by muntkidy | 2018-10-20 12:00 | Comments(2)
Commented at 2018-10-23 08:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by muntkidy at 2018-10-24 11:56
鍵コメ I さま
連絡のつけようがありませんので、ご注文の場合、
メールを送っていただくか、コメント欄に非公開チェックの上、メールアドレスをお書きくださいませ。
よろしくお願いいたします。


<< 大江戸骨董 出店中      敷板と小壺 >>