2019年 01月 09日
バウレの立像


明後日11日金曜日は骨董ジャンボリーに行ってきます。
営業時間が15:00〜18:00 と変更になります。




ちょうど明後日から、民藝館で、柳宗悦の「直観」の展示会が始まります。

ポスターは縄文の土偶がメインのイメージとなっています。

直ちに観る。知識ではなく、ものそのものを直かに見届けること。
と唱えた宗悦、楽しみな展示会です。



今日、紹介の品は、その直観で、見てほしいもの。
初源を感じる立像なのです。


e0111789_10583612.jpg
e0111789_10583677.jpg
e0111789_10583635.jpg
e0111789_10591713.jpg
e0111789_10591798.jpg
e0111789_10583661.jpg

アップめ。
e0111789_10583641.jpg
e0111789_10583634.jpg


裏は割れの部分の補修で、詰めてあります。
e0111789_10591733.jpg



傍にいてくれる小像です。

アフリカものは何かと力強すぎるものが多いのだけど、
これぐらいに静かで佇んでいるものも探せば出てくる。
すれ朽ちた肌の質感も、日本人向けないい彫像だと思います。



高さ17cm 幅4.5cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2019-01-09 12:00 | Comments(0)


<< ピッチャー2種      コンド族の真鍮工芸 >>