2019年 01月 31日
インドの鉄つるべ


2月3日日曜日は大江戸骨董市出店です。
お店は午後4時からの営業となります。





久しぶりに古いちゃんと使われてきた鉄のつるべを見つけた。

インドの鉄つるべ、水汲みに使っていたもの。

その昔はいっぱいあったのだが。
暮らしの変化とともに、少なくなってきていて、
今入ってくるとしたら、作っている工芸品のタイプがほとんどである。

こういうものはやっぱり日本で見つかる。
昔に輸入され、所有されたけど、また手放されたもの。





ずっしりと厚い鉄が全体錆びて、でも、まだまだしっかりしてて、
ボロボロじゃない、力強さがある。

それに実に自然。as it is のサビの質感。

変に油を塗ったり、味を加えてないとこが魅力です。


e0111789_11054056.jpg
e0111789_11054037.jpg
e0111789_11054035.jpg
e0111789_11054006.jpg
e0111789_11054079.jpg
e0111789_11054000.jpg
e0111789_11063625.jpg
e0111789_11063610.jpg
e0111789_11073346.jpg


e0111789_11073301.jpg



この底の表情はこれだけでも絵になる感じ。

e0111789_11123029.jpg



野の花をざっくり生けて下さいね。





直径20.3cm 高さ21.4cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2019-01-31 12:00 | Comments(0)


<< ピラミッドのような      新たな箕 (み) >>