2019年 02月 01日
ピラミッドのような

2月となりました。
今月は第1、第3とも大江戸骨董市出店いたします。

さっそくのあさって、出店日ですね。お店は午後4時から。
ちょっと暖かくなるそう。とはいえ、インフルエンザ流行ってますので、
暖かくして、おいで下さいませ。


本日のお品。




” ピラミッドの頂点におわします仏さま "

みたいにも見えるでしょ。


なかなか秀逸な彫刻だと思います。

ランナータイ(北タイ)か、ラオスの仏さま。

台座の形をこう作った彫り手はなかなかのやり手だと思う。
ほとんどの台座は四角く作られます。


e0111789_11195837.jpg
e0111789_11202023.jpg
e0111789_11195800.jpg
e0111789_11202001.jpg
e0111789_11195803.jpg
e0111789_11195833.jpg
e0111789_11201954.jpg


適度に朽ちたチークの色肌が柔らかく、優しさに溢れています。

朽ちた木の味わいは、木の種類によって、それぞれ異なるのですが、
チークが一番柔らかさを感じます。




彫刻作品としても、祈りの対象としての仏さまとしても
どちらとしても存在してくれそうです。




高さ12,0cm 幅10.3cm (Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2019-02-01 12:00 | Comments(1)
Commented at 2019-02-01 12:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 瀬戸の陶胎染付け      インドの鉄つるべ >>