2019年 03月 28日
ミニチュア盃いろいろ


●4月6日(土)、7日(日) は目白コレクションに出店です。
お店はお休み。

メジコレ用に取っている品もあるので、
どうぞ、お楽しみに。
来週にはちょっと紹介します。





本日はこちら。

こういった小さいものをきめ細かく探しています。
そういうところは少ないからね。

いろいろ見て、そんな中から、眼にかなうものを集めるのが
楽しみなんですもん。



どれも¥3,000 という安さ。
いかがでしょう。


ドールハウス用もあれば、本来の用途で小さいものもあります。
どれも19世紀はあるお品(ガラス以外)


e0111789_11164612.jpg


珍しいのはやっぱり緑釉でしょう。これらから。

ベルギーで見つけてますが、
どこのかはっきりしません。


右は、北アフリカモロッコあたりの焼き物だと思っています。


左の足つきは、実はヨーロッパのより古い品じゃないかと思ってますが。
ちともったいないのでは、と思うとこあり、なのだが、
はっきりしないので。。


どちらもいい緑の色してます。

e0111789_11343371.jpg
e0111789_11345856.jpg

e0111789_11181451.jpg
e0111789_11343461.jpg
e0111789_11343338.jpg
e0111789_11343336.jpg
e0111789_11181427.jpg



筒のストーンウェア系。
クリーム(軟膏)入れのミニ判です。

左のグレートーンはよくあると思うけど、
右の黄っぽいのは初めてです。

ベルギー産ということだった。

e0111789_11224515.jpg



残念だけど、右にはにゅうが2本あります。
e0111789_11224433.jpg
e0111789_11224468.jpg


白釉ファイアンスのミニカップ。
これも珍しです。

ねっとりフランスの白釉です。

e0111789_11245057.jpg
e0111789_11245032.jpg
e0111789_11252391.jpg
e0111789_11245004.jpg


最後はガラス。
ジャム用の型ガラス。
このサイズもあまりないでしょ。

e0111789_11262789.jpg
e0111789_11262755.jpg
e0111789_11265074.jpg
e0111789_11262733.jpg



使い方はこれまたいろいろ。
それを考えるのも、楽しいことです。




どれも¥3,000 です。


緑釉2つ、白釉カップの右、ガラスカップは売約になりました。


by muntkidy | 2019-03-28 12:00 | Comments(0)


<< トアレグの鍵      美しいフォルム >>