2019年 06月 08日
アルザスのピッチャー


昨日は、青花の会の内覧会、小雨の中行ってきました。
立派なものばかりで、アンタイディーの手に届かず、
でもいろいろ楽しんできましたよ。
眼の肥やしに、アンタイディーを充実させましょう。




本日はこちら。

フランスの北東部にあるアルザス、
スイス、ドイツとの国境に位置しています。
長年にわたり、フランス、ドイツ交互に統治されてきた歴史のため、
文化も両国のものが混じり合っています。


そのアルザス産のピッチャー。
ドイツのストーンウェアの色合いが濃い焼物です。

それでいて、フォルムがなかなか洗練されています。

藍の文様も印象的で、
このどちらかというと硬めで無骨さのある質感と、洗練されたフォルムとの取り合わせが
妙だと思っています。


e0111789_11150064.jpg
e0111789_11053783.jpg
e0111789_11053719.jpg
e0111789_11053791.jpg
e0111789_11053782.jpg

口作りがポイントですね。
e0111789_11053726.jpg
e0111789_11053763.jpg
e0111789_11053768.jpg

うまいバランスを持った、なかなかいい焼物だと思う。



高さ16.0cm 底径6.8cm 幅約15cm (Sold) ありがとうございました。





by muntkidy | 2019-06-08 12:00 | Comments(0)


<< カラバスの壺      入れ子のルワンダバスケ >>