2019年 08月 03日
プリミティブなマングルボード


マングルボードと言っても、知らない人が多いかもしれない。

ま、簡単に言うと、アイロンの一種、と言うか。
アイロンの語源は、英語のiron / 鉄 →鉄でできた衣服のシワを伸ばす道具から来てるのだけど、
衣服のシワを伸ばす道具は、鉄製に限らず、先日紹介したガラスもあって、
木製の道具もあったわけです。

その木で作られた、シーツなどのシワを伸ばす道具のことをマングルボードと呼んでいます。
民藝的に素晴らしい彫りの仕事のものなど、欧米ではコレクターズアイテムになっているので、
日本にはあまり紹介されてこなかったと思う。高いのですね。



例えば、スウェーデンの取っ手に馬の彫刻がされたこんな感じの品。本から↓

e0111789_10263424.jpg

でもこんなのは彫刻が細かすぎて、日本向きじゃないし、
超高値アイテムですので、買えません。


で、見つけたのは、こちら。
とつてもプリミティブ。文字彫り込みだらけが文様となっています。

e0111789_10275233.jpg
e0111789_10275283.jpg
e0111789_10275215.jpg


1822 年と、古いのです。
200才に3年足らず。

e0111789_10290570.jpg
e0111789_10290595.jpg
e0111789_10290512.jpg


裏にも彫り。これは後から彫りを加えているようです。
1875 とか、ある。
e0111789_10295279.jpg


この白木の感じは、木を洗ってあるからですね。
取っ手の部分に そのままの木の風合いが残っています。

e0111789_10312311.jpg



ちなみにどうやって使われたかと言うと。

丸い棒とセットで使う、丸い棒にシーツを巻き上げ、上から、ゴロゴロさせるってわけ。
e0111789_10332366.jpg




超レアなデザインのマングルボード、欧米の人の方に人気かもしれない。




長さ85cm 幅14cm (Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2019-08-03 12:00 | Comments(0)


<< カイフランクの酒カップ      ガラス皿 >>