2007年 04月 04日
馬具
e0111789_137063.jpg人間と馬との交流は数千年といわれ、
世界のいたる所で、馬具は作られ使われてきた。

日本の伝統的な和鞍や、あぶみは
ほとんどコレクターや博物館の元で、
今では相当にお高いものでしょうが、
こちらは、カンボジア、クメール朝のもの。
13~15cの発掘ものです。

何かというと、調べたところ
"はみ"や"くつわ"と、頭絡や手綱を繋ぐ、
辻金具らしい。
どこかはよくわからないのだけど、
馬の顔の部分につけられる、
ヒモの固定に使われたものと思えばいいかな。

台をとりつけ、オブジェとして飾ります。
小さな太陽といった感じ。

by muntkidy | 2007-04-04 13:22 | Comments(2)
Commented by うま年ではなく、ねずみ年 at 2007-04-04 17:28 x
昨晩のテレビのUFO情報で、イタリアでは馬型のUFOが飛んでいるらしい。確かに映像を見て驚いた。馬が円を描くように飛んでいるではないか!その後、UFO会議に出席していた矢追さんいわく、UFOに吸い込まれている馬が偶然撮影されたのではないかと、、、、、。
Commented by muntkidy at 2007-04-04 17:54
子年の知合いはいっぱいいるのだけど、
こういうことを書くのは、、、、
きっと、ひまをもてあました旦那でしょう。


<< 建水      ・ >>