2007年 04月 17日
好み
いや〜、イギリス紳士の好みはむずかしいな〜。difficult taste ですわ、そのお方。
けっこう、いかにもジャパニーズという伝統的骨董。
兜、鉄扇などって、言ったって、あるわけないじゃん。
そんなのもってる店なんて、知らんぞ〜ってなもんです。
たまに置いてあっても、ある程度の古さは重要のようで。けっこう、詳しいし。
アイヌの上着も、木綿じゃだめ、ファイバーでないと、とか。
連絡のあった紙ものも、浮世絵などの刷り物には目は止まりません。もっと古い肉筆ものって感じ。
私が買っていた紙ものはもちろんハズレ。あ〜らら!

今日も知合いが案内してますが、どうも、その傾向がつかめないらしい。
いやはや、おもしろいですね。
(ハハ、気にいるものあったとしても、べらぼうな値段でしょうな。
 満足のある旅になることを望みますが、、)

で、下の写真、左は、その彼にもってきてもらったデルフトの小皿です。
何に使われたか、不明です。絵の具ときかな。今までに、見たことないタイプ。
小品ですが、ちょっとピンクがかった色調がかわいい。

e0111789_16413632.jpg


by muntkidy | 2007-04-17 16:44 | Comments(0)


<< 好み2      気分を変えましょう >>