2007年 06月 13日
北欧
北欧というと、モダンデザインばかり想像しがちだったのだが、
古い民芸陶器っぽい焼物もあるんですね。
今回見つけた、デンマークの19世紀前半ぐらいの焼物です。
e0111789_12405194.jpg

左の2点が、その時代のもの。ゼリーモールドとして使われたそうです。
ぐい飲みに使える。焦げ茶にまで、変化しているほうが、特に和を感じさせ、
数寄者好きがするかもしれません。

右のお茶碗サイズは時代は下がるものの、中の色の染み具合がなんとも、
伊羅保茶碗っぽくも見えたりします。(ちょいと言い過ぎか)
外観と形の作り(高台あたりが特に)が、どうしても、洋の現代もの感は否めないけれど、
遊びとして、お茶に使うのは楽しいでしょう。

by muntkidy | 2007-06-13 13:51 | Comments(1)
Commented at 2007-06-15 15:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< スウェーデンのガラス      不具合 >>