2008年 01月 09日
インドの壺
インドには焼物の歴史はないが、これはインドで焼かれたもの。
詳しいことは知らないが、多分イギリスの統治がはいってから
焼物の食器や容器などが作られるようになったのだと思う。
伝統的に器というと、金属、石、木、植物(南インドはバナナの葉とか)だったのだし。

これは保存用の容器として作られたのだろう。
イギリスでも同じようにこの形のストーンウェアがよく見られる。
ただここまで、色沁みで変化、いい味になっているのは、
インドでの技術が高温での焼成ができず、素地が甘い焼きになっているから。

黄色目の釉薬と、釉薬がはげたところの茶色加減が絶妙におもしろい景色となっています。
高さ25.5cm 直径18.5cm 壺としての姿として、和室にも飾れると思う。
肩の部分にアルファベットの印があるのはご愛嬌として、遊び心で楽しみたい。

インドの壺_e0111789_13133371.jpg


by muntkidy | 2008-01-09 13:14 | Comments(0)


<< 十字架      口につけるもの >>