2008年 01月 13日
金直し
すばらしい綺麗な金直しが上がってきた。
ベルギーで買っていたハンガリーの焼物(と言われたもの)。
焼き締めみたいだけど、焼きは甘く、1本ヒビが入っていたのを、
じっくり直してもらっていたのだ。

すごく細い仕上がり、焦げ茶の色ともよくマッチしています。
十分に格が上がったようです。
e0111789_12461639.jpg


e0111789_12465751.jpge0111789_12471167.jpg

ハンガリーの焼物というと、スリップウェアのタイプとかは、見かけますが、
こんなタイプは初めて。
花柄とかのラブリーな色合のものはイギリスでは扱っている人多いのですが、
こんな渋めの焼物には眼が届かないのかもしれない。
こんなやつらがころがっているんだったら、ぜひ行ってみたいもんです。

by muntkidy | 2008-01-13 13:06 | Comments(0)


<< 肌感      縄文土器 >>