2008年 05月 02日
アユタヤの壺
昨日はどうしたことか、店の電気をつけっぱなしで帰っていた。
鍵を開けて、煌々とついてた電灯。びっくりいたしました。ア〜ララ。

さて、写真は以前も紹介したことがありますが、タイ、アユタヤ朝期のオイルランプ。
このフォルムが特徴の、花生け人には人気の品か。

川底に沈んでいるのが掘り出され、市場にやってきます。
これは、ホント、川から取り出されたまんまという感じ。
中には、砂や貝殻がまだはいってますし、
口が小さいので、全部とり出すのに時間がかかっています。

写真正面は汚れがついて、ちょうどいい具合ですが、
裏を回すと、かなり肌がカセて白っぽくなっています。
ちょうど変化があって面白いのです。

アユタヤの壺_e0111789_1233477.jpg


by muntkidy | 2008-05-02 13:00 | Comments(0)


<< 御深井の皿      硝子の筒 >>