2008年 07月 15日
台を作った。

小さいオブジェでも、何でも、台を作って仕立てると、
モノが生まれ変わったように見えてくることがあります。ライティングもしかりですね。

そのまま寝かせて置いておくのもいいのだけど、
写真のように、立てておけるようにすると、小さなビジュツヒンになって、
小さな家の空間でも、そこがコーナーとして生まれ変わってくる。

アフリカ、アシャンティ族の砂金集めのスプーンとオランダ、発掘ナイフのブレード。
自作の台で立ててみました。

高さ9cm足らずの可愛い小さな空間。
使うものでなくても、目で心を休ませてくれるものなら、
デコレーションとして置いててもいいんだと思います。
そこに自分なりの世界が生まれるのだからね。自分らしさの表現場所となります。

台を作った。_e0111789_11525177.jpg


by muntkidy | 2008-07-15 12:04 | Comments(0)


<< 夏のキルト      片口の皿 >>