<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2014年 12月 11日
リングやピアスに
やっと、オランダからの荷物が到着いたしました。
細かい、手軽なものを紹介しましょう。


今日は、まず、指輪や、ピアスなんかを入れておくのに、いいもの。
ディスプレイにも、いい雰囲気が作れそうです。

いくつかありまして。

e0111789_1041231.jpg



左上の四角いもの。
実験ものですが、四角い、こんなタイニーなものはあまり見ないね。
繊細に薄いつくり、なかなか面白いディスプレイになるのでは。

e0111789_10423942.jpg

ビーズなんかの仕分けにもいいのかな。
ドイツ、KPM  ベルリン王立磁器製陶所のもの。
なぜか色づいてるものが3個あります。全部で11個。
e0111789_10432553.jpg

e0111789_10433754.jpg

e0111789_10435099.jpg



右上は、食卓での塩、こしょう入れ。
オランダ。これ19世紀はありそうです。
デザインなかなか優れていると思う。
肌もいいのよ。角の擦れ感など。

e0111789_10475188.jpg

e0111789_1048377.jpg

e0111789_10481567.jpg



茶色い片口のものは日本から。
瀬戸の灯明皿。
こんなちっちゃいものもあるんですね。

e0111789_1049304.jpg

e0111789_10494299.jpg

e0111789_10495222.jpg



ドイツ 実験用角皿  5cm x 4.2cm 高さ約1cm (売約済)
オランダ塩こしょう入れ 11cm x 7.6cm 高さ3cm (売約済) 
日本 瀬戸灯明皿  幅5cm 高さ1.5cm   (売約済)    ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-12-11 11:30 | Comments(0)
2014年 12月 10日
鎗の先
昨日の店内写真に写っていた丸い玉。
中が刳り貫かれ、泥が付着した発掘もの。
今回の仕入の中で、1番悩んだ品でした。

ブリュッセルのトライバルアートのギャラリーにて、
一発で、気にいって、他のはどうでもよくなったぐらい。
テレムと言う、今のドゴン族が住むマリのバンディアガラの断崖で、
ドゴンが移住してくる前に住んでいたという人々のもの。
朽ちた枕などは、1度買ったことがあるのですが、
刳り貫いたボウルは全くの初めてのものでした。
以前、猿山さんのスペースで  
” 静かなアフリカ ”という展示会を開催させてもらったことがあるのですが、
まさにそれにピッタリの品。

もちろん悩んだのは価格ですね。
アフリカもののファンが少ない現状、
うーむ、どうしたもんか、その買値では多分ムリだよな〜
でも、これを逃すと、きっともう出会えないよな〜と、
悩みに悩み、、でも、結局はええ〜いと、買ってきたのです。


買ったすぐから、あきらめていた、今回の仕入NO1なのですが、
でもね、、、嬉しいことに、売約になったのですよん。
感激の一瞬。
どうもありがとうございますです。



ということで、今日は別のアフリカもの。

丸くなく、尖ったものを。

e0111789_1154126.jpg

e0111789_1155350.jpg

e0111789_116651.jpg

e0111789_116172.jpg

e0111789_1162668.jpg

e0111789_116375.jpg


鎗の先です。
コンゴ民主共和国、民族ははっきりしません。
この意匠もなかなかのもの。
静かなイメージとして、モダンな空間に飾ってほしいと思っています。

高さを変えて、台を作ってもらいました。
2本並べてもいいし、1本でもさまになると思います。


大 高さ40.5cm 小 高さ37.0cm
(売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-12-10 11:21 | Comments(0)
2014年 12月 09日
店内写真09/12/14

本日は火曜日、定休日となっております。
店内写真ということで。



e0111789_13272590.jpg

e0111789_13273984.jpg

e0111789_13275169.jpg

e0111789_14141729.jpg


by muntkidy | 2014-12-09 11:25 | Comments(0)
2014年 12月 08日
象牙のキリスト像

本日は、3時より、4時まで、臨時にお店を閉めさせていただきます。
他の時間は開いてますので、この時間帯を避けて、おいで下さいませ。


昨夜のディナー(どこが?)にて、またもや、前歯がぽろり。
(いえいえ、ちょっと埋めてるのがとれたぐらいなのだが)
前もちょうど1年前ぐらいだからな。
急遽、歯医者に行ってくるのです〜。



本日はコチラ。

いや〜、おちゃめなフィギュアがお得意のアンタイディーにしては、珍しいチョイス。

ちょいと、悲壮感あふれるキリストさま。
神妙な面持ちで、お祈りするのです。(もちろん、私が、ではない)

e0111789_11105988.jpg

e0111789_1111102.jpg

背中の表現もなかなか。
いい色に色づいてきてて、これこそ象牙って感じです。
e0111789_11115291.jpg

e0111789_11112122.jpg

この足の表現もすごい。
e0111789_11143732.jpg



手がなくなっているとはいえ、
象牙のキリスト像、とても貴重です。

フランドル地方  18世紀



台含め、高さ20.5cm 幅(台座)4.5cm (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-12-08 11:24 | Comments(0)
2014年 12月 07日
昨日の続き
おっとっと、昨日で、アンタイディーは18周年を迎えたのであった。
すっかりお忘れ。

福岡時代から、青山、西荻と、変遷を経てきてますが、
18年のご愛顧、ありがとうございます。

今日から、また19年目に突入です。
まだまだ先は長い。
コツコツと毎日を続けていこうと思っています。
お店、ブログ共々、よろしくお願いいたします。



さて、お品は昨日の続き。

フランスのファイエンス/ファイアンス
(フランス語ですが、市川清 著 ' 西洋の古陶' によると、錫エナメル釉陶器のことを指しています。
 デルフト産の焼物もそれにあたる。)
コンフィチュールポットの形では珍しいのだ。
昨日掲載の写真から。

e0111789_1116111.jpg

釉色、釉調、それぞれ異なり、
大きさもこんな。
左のものが、昨日紹介の品、1番小さく、青っぽい。

e0111789_11164020.jpg



今日は右の2つを。
真ん中。

e0111789_11184233.jpg

e0111789_11185621.jpg

e0111789_11194975.jpg

e0111789_1120122.jpg

e0111789_11201433.jpg


全体に貫入のはいった肌。
高さ、口の開き、これが1番、茶碗にいい手持ち感だと思う。
見込みの窯キズも景色となっている。



右。
1番高さのあるもの。
e0111789_11224034.jpg

e0111789_11225666.jpg

e0111789_11231432.jpg

e0111789_11232871.jpg

e0111789_11234657.jpg


これが端正なヨーグルトの白って感じですかね。
デルフトに近い感じの釉調です。
(この形のものはデルフトものにはないが、
知らない人が、これはデルフトだと言われたら、そう思ってしまうだろう。)
ヨーグルト食べるのにいい感じですよん。



どちらも、縁に欠けが多いのだけど、なかなか見つからない品だと思います。



中 直径13.8cm 高さ7.5cm (売約済) 
右 直径12.3cm 高さ9.1cm (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-12-07 11:37 | Comments(0)
2014年 12月 06日
白錫釉、オランダとフランスから
今日はこちら。

白錫釉ファイアンスのものを
オランダと、フランスから。


e0111789_11142824.jpg


右はオランダ、デルフトのクリームポット。
アルバレロ型の、ま、なくはないタイプですが、今回1個だけゲット。

状態よく、盃や、茶入れにするのにいい品です。

e0111789_11165374.jpg

e0111789_111745.jpg

e0111789_11171435.jpg

e0111789_11172666.jpg

e0111789_11173728.jpg


フランスからは、コンフィチュールポット。
ガラスや、ironstone ware/terre de fer 系(半陶半磁のよくある白タイプ)のでは見かける形ですが、
ファイエンスの白錫釉タイプでは、めったに見ない。

e0111789_11251679.jpg

e0111789_11252879.jpg

e0111789_11254079.jpg

e0111789_11255111.jpg

e0111789_1126553.jpg


フランスものにしては、ちと珍しい青みのかかった白になっています。
e0111789_11271590.jpg


お茶碗にいいのですよん。小服茶碗。


デルフト 直径 約5cm 高さ6.0cm (売約済) ありがとうございました。
フランス 直径11.1cm 高さ6.9cm ¥18,000


実はこのコンフィチュールポット型のファイエンスは、全部で3個あります。
それぞれ、釉調が違うので、面白いのです。

3個を並べた写真だけ、掲載して、あとの2個は明日の紹介です。
e0111789_1133173.jpg

e0111789_113314100.jpg


by muntkidy | 2014-12-06 11:33 | Comments(0)
2014年 12月 05日
バウレ族のカメレオン
今日はアフリカもの。

カメレオンを表したのは、ロビ族のものに、多いのだけど、
今回は、バウレ族のカメレオン。

e0111789_11155589.jpg

e0111789_1116846.jpg

e0111789_11162071.jpg

e0111789_11163120.jpg

e0111789_11164377.jpg


赤っぽい明るめの木。
布がかぶせてあったのが、ぼろくまとわりついているとこが面白い。
眼の表現もいいですね。丸まったしっぽもね。


体長17.5cm  高さ5.8cm (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-12-05 11:20 | Comments(0)
2014年 12月 04日
黄釉のお皿


南フランスから、黄釉のお皿。
大きめのものはよく見つかるのだが、
小さめなちょうどよいサイズを見つけた。

2点。

e0111789_14524355.jpg


右から。
縁の釉がはげた部分に油がしみ込み、
いい感じのラインに見える。
締まって見えて、新しい魅力になっているかもしれない。

e0111789_14542384.jpg

e0111789_14543632.jpg

e0111789_14544797.jpg

適度に使い込んだようす。
e0111789_1455148.jpg

e0111789_1455258.jpg


左。
深さがあって、意外に見つからないサイズだと思う。
e0111789_14555036.jpg

e0111789_1456182.jpg

e0111789_14562288.jpg

e0111789_14563964.jpg

私はこの後ろ姿の好きなのよん。


普段に使いやすいサイズだと思います。


右 直径26.5cm 高さ4.8cm ¥14,000
左 直径22.0cm 高さ5.5cm (売約済) ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-12-04 11:26 | Comments(0)
2014年 12月 03日
扁平 小さなボトル
小さめなガラスボトルを探している。

今回3本見つけた。

うちの2本は扁平で、手持ちよく、ガラスの徳利になるようだ。
熱燗の時期ゆえ、なんとも不釣り合いだが、
冬の硝子もたまにはいいかと。

なんて、無理に徳利などと、言わずに、
元はスピリッツボトルなので、洋酒のほうがいいようですかね。

e0111789_10331895.jpg

e0111789_103454.jpg

e0111789_10341673.jpg



クリアなほう、スパイラルなひだがとても美しい。
口の小ささから、お尻にかけての膨らみと流れが、とてもエレガントなフォルムだと思う。

この形で色エナメルが施されたものだったら、高評価の品になりますが、
変な色絵はないほうが、断然にいい品だと思うのだ。
通好みのする飽きのこない1本になるのでは。

オランダ、18世紀

e0111789_10381457.jpg

e0111789_10382725.jpg

e0111789_10383928.jpg

e0111789_10385250.jpg


右。
この浅いグリーンの色がとても綺麗。

丸い扁平、あまり見かけない形だと思う。 これはフランスからやってきてる。
18世紀末から、19世紀初めのものらしい。

e0111789_10464812.jpg

e0111789_10465770.jpg

e0111789_10471081.jpg



もう1瓶。並べて。
e0111789_10522280.jpg


オニオンボトルのスモールタイプ。
大きいサイズはよくありますが、小さいのを探すと難しい品。

これは19世紀の品。オランダ。
e0111789_10532375.jpg

e0111789_10533528.jpg

e0111789_11221161.jpg

e0111789_10534642.jpg


底近くに2本の型ラインがはいっています。


クリア瓶   幅9.8cm 厚み5.5cm 高さ13.7cm  (売約済) 
丸扁平瓶 幅10.3cm 厚み6cm 高さ14.4cm (売約済) 
オニオンボトル  直径13.2cm  高さ9.5cm (売約済)ありがとうございました。

by muntkidy | 2014-12-03 11:22 | Comments(0)
2014年 12月 02日
今日も売約の品


本日は火曜、定休日であります。


紹介したかったけど、売約になってしまった逸品を。



ヨーロッパから携帯更新で送っていた品。

東ヨーロッパの木彫磔刑像
底の部分が、聖パン、プロスフォラの印になっています。

なんとまあ、素朴なキリストさまの表現。


e0111789_14131314.jpg

e0111789_14132927.jpg



もうひとつ。
フランスの砥石入れ。

よく今までも紹介されてきてると思いますが、
この木彫の砥石入れにはうなりました。

八角の面取りと、先の尖ったフォルム、まさに、現代彫刻作品であります。
写真悪くて、わかりづらいけど。

e0111789_1418756.jpg


by muntkidy | 2014-12-02 11:30 | Comments(2)