<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2018年 01月 31日
小振りお盆


今週末2日、3日は、アンティーク&ブロカント目白に出店いたしますので、
お店はお休みです。





本日はこちら。

これもあざとさのないお盆です。

ちょっと小振り。


e0111789_10183398.jpg
e0111789_10183224.jpg
e0111789_10183343.jpg
e0111789_10183218.jpg


これもお尻が良いのです。
自然でいいなあ。

e0111789_10183326.jpg


盃を置いてみる。

e0111789_10183324.jpg

e0111789_10183239.jpg


お店でお茶を出すのなんかにいいかも。


直径24.3~26cm 高さ3.3cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2018-01-31 12:00 | Comments(0)
2018年 01月 30日
アンティーク&ブロカント目白



本日は火曜日、定休日となっております。


今週末は、新しいアンティークフェアに出店です。




会場は目白通り沿いのギャラリーFUURO という場所です。

ちと小さいのですが、10店舗でのフェアです。

2月3日(土)12-00〜19:00
2月4日(日)10:00〜17:00

gallery FUURO
豊島区目白3-13-5 tel:03-3950-0775





洋の古いものにこだわりました!と銘打ってあります。

さてさて、アンタイディーの目玉はあるのか。。。

は〜、日々の営業に全力投球のアンタイディー、
展示会向けという品はそう多くないのよね。

ま、でも、ないと、ダメでありますので、
いくつかは新しく並べるものもありまっせ。


ということで、
こちらは、アンティーク&ブロカント目白にての販売となります。


デルフト 呼び継ぎ皿です。17世紀。
これはなかなかないでしょう。

3種類の違ったデルフトの白が楽しめます。

白を見つめてもらいたいので、割れに金などの色は入れておりません。


e0111789_16043042.jpg



アンタイディーの場所は2Fです。

どうぞ、おいで下さいませ。








by muntkidy | 2018-01-30 12:00 | Comments(0)
2018年 01月 29日
インドの絵


本日は月曜日、定休日となっております。


2月3日(土)〜4日(日)
アンティーク&ブロカント目白に出店いたします。
お店はお休みとなります。

また前日の2日金曜日は、午後5時で閉店させていただきます。



サクッと軽く行ってみましょう。


可愛い、エスニックテイストの絵を手にいれた。

インドの手書きの1葉。

なんの絵がわからないが、キュートさで買ってしまった。

フレーム入りです。

e0111789_15422203.jpg



なんて書いてあるんだろうな〜
e0111789_15422108.jpg


裏はこんな。
e0111789_15422155.jpg


こんな感じで、飾られます。

e0111789_15422115.jpg

21.5cm x x19.7cm (Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2018-01-29 12:00 | Comments(0)
2018年 01月 28日
好きなフォルム


●2月3日(土)〜4日(日)
アンティーク&ブロカント目白に出店いたします。
お店はお休みとなります。



東南アジアによく行っていた頃、見つけていた壺。
タイではアユタヤ時代のオイルランプとの説明だったが、
実のところは定かでなく、
インドネシアでも見つかる品なので、
中国から輸出されてたものと、納得してきていた。
ほとんどが、海や川から揚がってきたもの。


だいぶ以前に、出光美術館の三上次男コレクションの中に、
南宋〜元時代のものとの記載をネットで見つけた覚えがあったのだが、
今探しても見つからない。
ただ、それぐらいの時代の感覚はある手である。


もうタイではほとんど見かけなくなったけど、
日本で見つけました。



綺麗に洗われた肌。


フォルムは、グリッとした力強さがあり、悪くないと思う。






e0111789_11053314.jpg
e0111789_11053464.jpg
e0111789_11053427.jpg
e0111789_11053309.jpg
e0111789_11053212.jpg
e0111789_11053325.jpg
e0111789_11053357.jpg



黒田泰蔵さんの白磁壺にも、これを参考にしたようなものありますよね。

花人好きのする壺です。



高さ約19cm 胴径約13cm (Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2018-01-28 12:00 | Comments(0)
2018年 01月 27日
緑に反応


●2月3日(土)〜4日(日)
アンティーク&ブロカント目白に出店いたします。
お店はお休みとなります。




都おどりの団子皿です。

緑の団子が新鮮で、2枚買ってしまいました。
醤油色もいいです。

せっかくなので、2枚セットで販売です。



e0111789_14073773.jpg
e0111789_14073880.jpg
e0111789_14073817.jpg



もう1つ、緑が入ってる器を。
ちょっと違った緑。
こちらは翠と書いたほうが似合いそうなミドリ。


片口です。

これもどこかわからない。
松代焼のような気もする。どうかな。


小さめなので、酒注ぎに行けます。

e0111789_14093977.jpg
e0111789_14093928.jpg
e0111789_14093939.jpg
e0111789_14093940.jpg
e0111789_14093880.jpg


割れあり。
e0111789_14093919.jpg
e0111789_14093946.jpg
高台側、いい表情しています。

小さいのに、ちょっと重さがあります。これも面白い点。






団子皿 直径13.6cm 高さ2.8cm (Sold)
片口  直径13.0cm 高さ7.0cm (Sold)ありがとうございました。



by muntkidy | 2018-01-27 12:00 | Comments(0)
2018年 01月 26日
イギリスの升


●2月3日(土)〜4日(日)
アンティーク&ブロカント目白に出店いたします。
お店はお休みとなります。







イギリスの木の升。

ヴィクトリアン時代のメジャーカップです。

日本の升というと四角の立方体ですが、
西欧は筒型が多いかな。

古いものだと、けっこうなお値段のついてる曲木細工のものです。

枠の鉄板が取れてるところも多く、底抜けを直してあったから、
リーズナブルなお値段になりました。

ゴミ箱にいかがかと。


e0111789_13183224.jpg
e0111789_13183363.jpg
e0111789_13183220.jpg
e0111789_13183308.jpg
e0111789_13183386.jpg
e0111789_13183225.jpg
e0111789_13183378.jpg
e0111789_13183385.jpg



木味と鉄の表情がたまらないでしょ。


19世紀


直径18.7cm 高さ19.8cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2018-01-26 12:00 | Comments(1)
2018年 01月 25日
ローマンガラス


●2月3日(土)〜4日(日)
アンティーク&ブロカント目白に出店いたします。
お店はお休みとなります。




本日はこちら。



ピンのローマンガラスを花入れに気軽に使おうとするには
とても忍びないだろう。

値段も高価だし、銀化が素晴らしかったりしたら、とても銀化が取れるのが心配で、
水や花は入れられない。



ということで、今日紹介のローマンガラス、
ま、セコンドクラス(?) のものなので、
逆に使えるという利点があるのです。

小瓶ではなく、大きさもそこそこ。
一輪挿しにするにはとてもいいサイズなのだ。


どうぞ。

e0111789_10460752.jpg
e0111789_10460721.jpg
e0111789_10460711.jpg
e0111789_10460862.jpg
e0111789_10460737.jpg
e0111789_10460703.jpg




うっすらとした銀化。
e0111789_10460674.jpg
e0111789_10460832.jpg


美術品クラスのローマンガラスをお探しの方は、
それなりのお店で、それなりのお金を出して買われるほうがよし。

でもこれだって、2000年にブリヂストン美術館で開かれた
オリエントのガラスと陶器の展示会のカタログ掲載のものと同じ手のものであります。

カタログより。

e0111789_11003873.jpg



ガラス自体は地味な存在ながら、それ故、逆に花を生かしてくれるように思います。


AD1~3世紀 地中海域


高さ11.5cm 口内径1.8cm 胴径約7cm (Sold) ありがとうございました。













by muntkidy | 2018-01-25 12:00 | Comments(0)
2018年 01月 24日
六角の踏み台


●2月3日(土)〜4日(日)
アンティーク&ブロカント目白に出店いたします。
西洋骨董に特化したフェアです。どうぞお楽しみに。




本日はこちら。

先日の大江戸骨董市で見つけ、
持って行くより、持って帰るほうが多くなってしまった主原因の品。


これは、アノニマスなグッドデザインだと思います。
こんなの見たことない。

六角形。

なんとなく李朝を思わせる形だけど、多分日本。


e0111789_10024881.jpg
e0111789_10024979.jpg
e0111789_10024885.jpg
e0111789_10035232.jpg
e0111789_10024921.jpg
e0111789_10024866.jpg
e0111789_10024838.jpg


安定感があって、安心できる踏み台です。

フォルムが綺麗ですので、置いてるだけでもいい感じ。
もちろん花台や、飾り台にも、使えます。




高さ34cm 天面の頂点間の最大幅33.3cm (sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2018-01-24 12:00 | Comments(0)
2018年 01月 23日
ATELIER MUJI / アトリエムジでの展示会

本日は火曜日、定休日となっております。

雪かきに朝から店に。昨日は1日家で外を眺めてゆっくりしたから、
動かないと。

記事は用意していた紹介モノ。

知り合いの展示会。


今週金曜日26日から、有楽町無印良品のアトリエムジで、
旧来の知り合い永井さんの展示会が開かれます。

ギフト デザインの贈り物 展 と題して、
膨大な永井敬二コレクションの中から、ギフトをテーマにセレクトされた
展示会です。

1月26日〜4月15日と会期は長いですので、近くに寄られたら、
ぜひ、行ってみて下さいませ。



福岡在住の永井さんは、モダンプロダクトの椅子のコレクターとして
内外に有名ですが、(デンマークの国からの表彰も受けてまして、1000脚以上はあったといいます。)
そのコレクションは、椅子などの家具のみならず、多岐に至ります。
生活雑貨、電化製品など、生活にまつわる小物を入れたら、そりゃーもう大変。
フォルムとして、綺麗なデザインだと思ったら、買わずにいられなかった人です。

だからアンタイディーでも、去年少し分けていただき、
web企画(こちらが、その紹介の1日)ができたんですね。
マスプロダクトなので、まだ手に入る品だと、いうことで、わけていただいた。
でも、もうないな、ってやつだと分けてくれない品もいくつかあったんですよ。

デザインされたプロダクトという分野での大家です。
生き字引のようなひとなので、今そのコレクションのアーカイブ化が始まろうとしてるのかな。よかったです。


古いアノニマスなアンタイディーテイストのものとは
ちょと方向が違いますが、
デザインを目指す人にはぜひ行っていただきたい。


興味のある方は Atelier MUJI の公式サイト をチェックどうぞ。




e0111789_16504972.jpg
e0111789_16504803.jpg






by muntkidy | 2018-01-23 12:00 | Comments(0)
2018年 01月 22日
ミルク入れ


本日は月曜日、定休日となっておりますが、
ブログでは通常通りにお品紹介です。



久しぶりにトゥルカナ族のミルク入れを見つけた。

フォルムが美しいのだが、ミルク臭がすごすぎるとカビることも多いので、
あまり買えないのだ。

これはさほど臭いが強くない。


絶妙な形作りは伝統の形だからこそ。

丸いんだけど、上は四角で、角がポイント。
こんな形は新たに考えても出てこないだろう。

そんな中でも、これは格別。


e0111789_13192003.jpg
e0111789_13191906.jpg
e0111789_13192030.jpg
e0111789_13191986.jpg
e0111789_13192093.jpg
e0111789_13191905.jpg



ぜひ、花生けで、うまく使ってほしいものだ。



高さ11cm 幅19cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2018-01-22 12:00 | Comments(0)