<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2018年 02月 08日
アメリカの木のボウル


明日は午後6時で閉店です。

12日月曜日は、お休みさせていただきます。




アーリーアメリカンのカントリーテイストのもの、
現地での人気のため、けっこうなお値段が付いている。

アメリカのアンティークのタブロイド紙を見せてもらうと、
地方のオークションの結果なんかを見ても、
笑えるぐらいのお値段。

デコイや人形なんかも、
軽く1000ドル超えるものなんかもザラです。

パイ皿やスリップウェアは最近紹介されてますが、
アメリカにアンティークを仕入れに行ってる業者はほとんどいないだろうから、
あまり、日本で見かけることはないですね。

ネットを通じて買うことはできますが、
値段が合わないこと多し。
送料なんかを考えると、単品で仕入れることはけっこうハードルが高いのです。



でも、たま〜に持ってる人がいて、
本日はそんな品。

ま、木のボウルなので、
ヨーロッパにも、日本にも、あるような品なのだけど。


ただ、サイズ感、全体のフォルムが気に入り、仕入れてみました。

意外にこの感じ、ないのではないでしょうか。



アメリカの木のボウル_e0111789_10382331.jpg


アメリカの木のボウル_e0111789_10382384.jpg
アメリカの木のボウル_e0111789_10382207.jpg
アメリカの木のボウル_e0111789_10382287.jpg



ちょっとたわんだ感じ。厚みも厚すぎず。

とても雰囲気のあるナリをしています。

これがもうちょっと木味が古かったら、ってのもありますが、
それだと、気軽に使えないですから、
ガンガン食卓で使ってもらいたい、ということでの紹介です。


アメリカの木のボウル_e0111789_10382381.jpg


アメリカの木のボウル_e0111789_10382480.jpg
アメリカの木のボウル_e0111789_10382353.jpg


バゲット盛るのに、最適です。

アメリカの木のボウル_e0111789_10382254.jpg

アメリカ 20世紀


直径25〜27cm 高さ5.4cm ¥18,000








by muntkidy | 2018-02-08 12:00 | Comments(0)
2018年 02月 07日
デルフトの白

●9日は、午後6時で閉店させていただきます。

●12日月曜日は、祝日ですが、都合によりお休みとさせていただきます。




アンティーク&ブロカント目白で、売れなかったんだな〜コレ。

3種のデルフトの白が楽しめるという、呼び継ぎの皿。

ここでしっかりと紹介です。

デルフト17世紀の平皿、もってない方にはオススメなのです。
(お高いですけんど)

デルフトの白_e0111789_09472567.jpg
デルフトの白_e0111789_09452991.jpg
デルフトの白_e0111789_09452908.jpg



微妙にグレイッシュな白、ベージュを帯びたような白、
ちょうどうまい具合に、呼び継ぎができています。

これは金を入れると、どうしても金を見てしまうので、
継いだ部分は白のままにしています。

白を愛でていただきたいと。


フランスものにはない、白ですね。
フランスものは全体につるんとしすぎてるのですが、
ポツポツがあったり、微妙な変化のある感じ、
これがデルフトの肌。


デルフトの白_e0111789_09452928.jpg

デルフトの白_e0111789_09452823.jpg
デルフトの白_e0111789_09452927.jpg
デルフトの白_e0111789_09452996.jpg


金継ぎの平皿は、多いのですが、
呼び継ぎのは、それも3種類って、のはそうざらにあるものではありません。

日本人ならではの伝統から、新しく生まれたヨーロッパ産のお皿です。



直径22.0~22.4cm 高さ3.1cm (sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2018-02-07 12:00 | Comments(1)
2018年 02月 06日
本日は火曜日
定休日となっております。

本日はお知らせのみ。

●9日金曜日は午後6時で閉店となります。

●12日月曜日は休日なので、本来は営業の予定なのですが、都合によりお休みです。
法事なのです。

●18日日曜日は大江戸骨董市に出店いたします。


写真は前仕入れの時のブリュッセルにて。
ありがちな写真ですが、こんなもんで。

本日は火曜日_e0111789_10114380.jpg




ではでは、明日から通常の更新となります。





by muntkidy | 2018-02-06 12:00 | Comments(0)
2018年 02月 05日
AB目白

無事終了いたしました。

ご来場の皆さま、お買い上げの皆さま、ありがとうございました。
狭い空間の中、最初の1時間はごった返し、
じっくり品が見れないような状態だったんです。

初回の今回、アンタイディーはちと品不足の雰囲気がありました。反省。

毎回12月を開催予定としているらしいので、
次回は今年の12月です。
もうちょっと気合いを入れて、品揃えをしたいと思います。

ということで、今日は品紹介ではなく、
こんなものあったら、揃えておきたいな、の
写真です。


AB目白_e0111789_11025116.jpg

単なるアダムとイブの絵ではありません。でしょ。

チェコのアーティスト、ボフミル シュチェパーンという人のコラージュ。
この人、日本だと絵本の挿絵作家みたいな捉え方されてますが、
クレージーで(褒め言葉)、ダダ的なコラージュを作ってて、面白いんですわ。


こんな実物のコラージュ作品あったらなー。



本日は月曜日で、お休みとなっております。













by muntkidy | 2018-02-05 12:00 | Comments(0)
2018年 02月 04日
2日め

アンティーク&ブロカント目白 2日目。

昨日は混み混みの人出。
ありがとうございました。

今日はゆるりと始まります。




2日め_e0111789_10271004.jpg



by muntkidy | 2018-02-04 12:00 | Comments(0)
2018年 02月 03日
アンティーク&ブロカント目白

初日、始まります。

アンタイディーのブース全体像はこんな感じ。


アンティーク&ブロカント目白 _e0111789_10375136.jpg



by muntkidy | 2018-02-03 12:00 | Comments(0)
2018年 02月 02日
美しいフォルム


またもや雪である。

午後はやむ予想だが、寒くて人出は望めそうもない。
(このところずっとそうだけど。)
ま、今日でよかったですね。

明日、明後日のアンティーク&ブロカント目白の日は晴れそうですので、
どうぞ皆さまのご来場をお待ちしております。

本日は午後5時までの開店とさせていただきます。
3、4日はお休みです





本日は和物のこちら。

これも絶妙にグッドデザインな形だと思うのだ。


美しいフォルム_e0111789_10564658.jpg
美しいフォルム_e0111789_10564682.jpg
美しいフォルム_e0111789_10564608.jpg
美しいフォルム_e0111789_10564623.jpg



ただ中仕切りのようなものがあったと思う。
このままだと蓋は乗せてるだけで、落ちてしまう。

美しいフォルム_e0111789_10564508.jpg
美しいフォルム_e0111789_10564637.jpg


蓋は丸く、底は楕円。
胴体の形作りが素晴らしい。

美しいフォルム_e0111789_10564515.jpg



素材はブリキかと思ったが、真鍮だと思います。
表面も少し凝っている。


取っ手に紐がけなどして、掛花入れにいかがだろう。

美しいフォルム_e0111789_10564797.jpg
美しいフォルム_e0111789_11055483.jpg
美しいフォルム_e0111789_11055842.jpg




蓋を含めず高さ17.5cm 口径5.4cm ¥6,000






by muntkidy | 2018-02-02 12:00 | Comments(0)
2018年 02月 01日
アフリカの下駄


昨夜の赤い月。
大昔の人は怖かっただろうな〜と思わず、思いました。

一転、今夜はまた雪になるそうだ。
そう積もらなきゃいいけど。



お知らせです。
明日は午後5時で閉店させていただきます。

3日、4日はアンティーク&ブロカント目白に出店です。
お休みとなります。




本日はこちら。

アフリカの下駄、
ま、サンダルですね。



まず、上から見たとこ。

アフリカの下駄_e0111789_10284517.jpg


ただの板のように見えて、よくわかりませんね。
斜めから。

アフリカの下駄_e0111789_10284519.jpg

右足(写真左)の突起が、みそ。
親指と、人差し指で挟んで履くってわけ。
(左足分は取れています。)

指先の部分にノブっがあるってことで、
英語だと toe-knob sandal と言うそうだ。


コンゴ民主共和国から。

このスタイルのサンダルはアフリカだけでなく、
確か、インドにもあったと思う。


ただこれのポイントは、ただの突起だけでなく、
そこに顔が彫られていることです。
これはアフリカならではのもの。


アフリカの下駄_e0111789_10284553.jpg

民族は微妙なとこですが、チョクエ族かな、
不明です。

足裏つくとこの彫りも面白い。

アフリカの下駄_e0111789_10284595.jpg

さらに、私に魅力に写ったのは、
実は裏なんです〜〜

アフリカの下駄_e0111789_10284442.jpg

この朽ち様。虫食いあとの感じとか。




左足分は突起が取れているので、
裏を表に飾ると、なお面白いと思っています。

アフリカの下駄_e0111789_10284424.jpg



アフリカの下駄_e0111789_10284528.jpg



平らに置くと、突起の顔部分が見えにくいので、
こんな風に重ねて、顔を上向きに飾るといいと思います。


アフリカの下駄_e0111789_10284421.jpg


ね〜面白いでしょ




長さ27.5cm ¥28,000





by muntkidy | 2018-02-01 12:00 | Comments(0)