<   2018年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2018年 11月 30日
トアレグのネックレスとリング




明後日は大江戸骨董市に出店いたします。
お店は午後4時からの開店となります。




ドアレグの男の人が身につけるペンダントヘッド。
リングも見つけた。リングは指大きめの女の人用かな。

まずはペンダントヘッドから。

革ひもはとりあえず、付けたもの。

e0111789_11115887.jpg


段々のピラミッド型で、中央が高くなっています。

e0111789_11133738.jpg
e0111789_11133757.jpg
e0111789_11133791.jpg

裏面は鉄板で、
表面はかなり純度の低い銀です。



身につけているトアレグの民の写真があった。
青の民と呼ばれ、かっこいいんですよ。

e0111789_11133875.jpg




リングはこんな。
どちらかといえば、リングのほうが見つからない。レアです。

e0111789_11133899.jpg
e0111789_11133895.jpg
e0111789_11133761.jpg




大きさは13号~14号の間の感じ。

着けてみたところ。

あらあら、ちゃんとクリームをつけて撮影しないと、シワが目立つじゃないか。
みたもない!お許し下さいませ。

指の大きい私にはほんのすこしゆるい感じなので、
男の人いけそうです。
e0111789_11273868.jpg

こちらも純度の低い銀になります。





ペンダントヘッド 5.3cm x 6.5cm (Sold)
リング  (Sold) ありがとうございました。


by muntkidy | 2018-11-30 12:00 | Comments(0)
2018年 11月 29日
ドールハウス用


こまごまとしたものを、可愛くディスプレイ。


e0111789_10552192.jpg


まず、ちっちゃい磁器人形。
顔の表情違ってて、見てると和む。

e0111789_10564764.jpg
髪も笑える。
e0111789_10564774.jpg

ミニミニ小皿2個。
e0111789_10572400.jpg
e0111789_10572424.jpg
e0111789_10572436.jpg


ソープディッシュのミニタイプは外側に染付文様。凝ってます。

e0111789_10572490.jpg


こんな感じで飾ってもいいでしょ。
e0111789_10572419.jpg


下に置いた薄墨色のトレー。
これ、今回の嬉しいみっけもの。

プププ。プラスチックですよ。
この色加減はオサレでしょ。形もさることながら。


2枚あります。
角が擦ってあるとこあります。

e0111789_11014804.jpg
e0111789_11014957.jpg

e0111789_11115622.jpg


uniqlo ユニクロならぬ、unigro ユニグロ。
ベルギーの会社。
e0111789_11115623.jpg


こんな感じで使えます。
e0111789_11014980.jpg
e0111789_11014875.jpg



人形 長さ2.6cm (Sold)
小皿 菱形 6.5cm x 4.7cm ¥2,000
   四角 4,0cm x 3.2cm (Sold)
プラトレー 24.8cm x 18cm (Sold) ありがとうございました。







by muntkidy | 2018-11-29 12:00 | Comments(0)
2018年 11月 28日
追加画像


今日紹介のテーブルソルト用の器。

根津美術館の「阿蘭陀」の本から、
同じ手を見つけました。

江戸時代には蓋置きとして見立てられた。

これによると、藍絵花文蓋置という品名になるんですね。

フランスものも江戸時代当時より、舶来ということでの
阿蘭陀として、日本に渡って来ているのです。

e0111789_17013341.jpeg









by muntkidy | 2018-11-28 17:04 | Comments(0)
2018年 11月 28日
テーブルソルト用の器




本日はこちら。




食卓用の塩入れ。

フランス18世紀のファイアンス。
柄の感じから、ルーアンの窯。



e0111789_10452192.jpg
e0111789_10452098.jpg


                      ↑
上写真、縁の、(時計盤で言うと、7時の方向部分)
釉ハゲの所に、ブルーで塗料が塗られているところがいくつかあります。



e0111789_10334615.jpg
e0111789_10334749.jpg
e0111789_10334630.jpg
e0111789_10334670.jpg


ここも釉がハゲています。

e0111789_10334638.jpg




白のねっとり具合、ここでわかります。
e0111789_10334699.jpg


柄モノにはあまり触手が伸びないほうですが
これはオッケー。

品のある洋の染付けだと思います。




上部7.5cm x 6.5cm 高さ3.8cm (Sold) ありがとうございました。









by muntkidy | 2018-11-28 12:00 | Comments(0)
2018年 11月 27日
展示会のお知らせ

本日は火曜日、定休日となっております。


12月の展示会のお知らせです。

まず、毎月の大江戸骨董市、
11月はでれませんでしたので、12月は2回とも出店です。
2日、16日とも出店いたします。


あと今年2月から始まった Antique & Brocante Mejiro
本来毎年12月開催の予定で始まりました、第2回目。

洋の古いものにこだわりました、ということで、
アンタイデイーもそちら方面を持っていきます。

8日、9日の開催です。

どうぞお楽しみに。



e0111789_11195167.jpg


出店の日は、西荻のお店はお休みとなります。






by muntkidy | 2018-11-27 12:00 | Comments(0)
2018年 11月 26日
売約済みの品


本日は月曜日、定休日となっております。



今回の旅、iPhone をスられたことに加え、あまり買えなかった旅だったので、
少し凹んで帰ってきたのです。

一番点数も少なかった。
送った箱も2個だけ、1個は10キロ以下だし。



とはいえ、早くに来ていただいたお客様に売約となり、
ここで紹介できなかった品を写真のみ、掲載しましょう。
ずらっとどうぞ。





スウェーデンの木のブーツ。
平めで、ペーパーウェイトとの説明だっけど、確かではない。
e0111789_16072354.jpg


ドイツの木の小箱。渋カワの花柄。

e0111789_16072843.jpg




フランス、ファニーな磔刑像。
アンタイディーらしいキリスト教もの。

e0111789_16073659.jpg



スウェーデンの木の中皿。この深みとリムのある皿は初めて。
e0111789_16073665.jpg



フランスの18世紀のガラス瓶。まさに徳利サイズでした。

e0111789_16074044.jpg




そして、クマのおもちゃ。
ちゃんと動いたのですよん。

尻尾の動きが格別でした。

e0111789_16073608.jpg



台作りに回しているものもまだあります。

どうぞ、西荻のアンタイディー、おいで下さいませ。











by muntkidy | 2018-11-26 12:00 | Comments(0)
2018年 11月 25日
儀礼用のナイフ



アフリカにはいろいろな形のナイフがあるが、
初めて見つけた形。

武器というより、儀礼用のナイフであり、
権力者の力を示すために出されるものらしい。

どうしたら、こんな形のデザインが出てくるのか、
驚くべきブレードのフォルムであり、
アフリカならではの発想だろう。



e0111789_11275963.jpg
e0111789_11315702.jpg

e0111789_11275965.jpg



反対側。サビの痕が多いので、こちらは裏側にしたほうがよい。

e0111789_11275934.jpg


e0111789_11372611.jpg
e0111789_11372619.jpg






取っ手部分が真鍮で、鉄と真鍮の取り合わせってとこも、ポイント。
少し、緑青ついてます。

e0111789_11372587.jpg




こちら、真ん中の部分、親指を置いたであろう場所がすり減っています。
けっこう使われた感あります。
e0111789_11372535.jpg
e0111789_11372640.jpg
e0111789_11372507.jpg


こういうオブジェって、本当モダンアートだな〜って思うのです。
現代空間に飾ってこそ映えるオブジェ。




コンゴ民主共和国 モンゴ族。






高さ24.7cm 幅22cm (Sold) ありがとうございました。






by muntkidy | 2018-11-25 12:00 | Comments(0)
2018年 11月 24日
18世紀のバケツ


突然ですみません。本日は13時に開店いたします。(12時半に開店しました)





オランダのバケツ。

黒光りした鉄と木。

この古さのものは初めて。18世紀後半のものらしいです。


花を生かしてくれそうなナリです。
黒さが深く、カッコいい。

鉄と木の組み合わせがいいんだな。
野武士のようなイメージ。



e0111789_10180998.jpg
e0111789_10180989.jpg
e0111789_10180952.jpg
e0111789_10180842.jpg
e0111789_10180863.jpg



鉄金具の、ここの作りが古さを物語る。
e0111789_10180865.jpg



底にあった強度を増すための鉄は取れてしまっています。
e0111789_10180881.jpg






底径20.5cm 取っ手を含めずの高さ20.6cm (Sold) ありがとうございました。








by muntkidy | 2018-11-24 12:00 | Comments(0)
2018年 11月 23日
バカラのワイングラス


ジャ〜ン、もうiPhone ライフ 戻ってきました。
なんとすばやく!

昨日、復元などに手間取りましたが、
なんとか元のままの状態のiPhone が手元に。

交換代金、シム再発行手数料に、16,000円弱かかったものの
アップルからまた買うことを考えれば、安いもんだと。
いろいろな勉強代ということで。

お騒がせいたしました。

11日投稿にコメントをいただいたyonpiru さま haru さま
返信コメント書いておらず、こちらにて失礼いたします。
どうもありがとうございました。





今日はこちら。

バカラのワイングラス。

超シンプルなパーフェクションのシリーズから。


シンプル イズ ベスト、そのもののでして、
このシリーズ名も、1933年にボルドーのワイン業者からパフェクション(完璧)と
賞賛されたことから着いたらしい。

なかなか見つからないという、そのシリーズの中のワイングラス、
見つけました。

それに、それだけではないのです。

イニシャル入りです。

ロスチャイルド家のために作られたもの。
(ロスチャイルドは英語読みで、フランスではロチルドと読む。)

ギー ド ロチルド 男爵のイニシャルが入った超貴重品。

第二次世界大戦後、パリ ロチルド家の復興を担った実力者のイニシャルでして、
家督を継承した1949年直後のものだという話だった。
ちなみにどんな人かというとこちらのwiki参照のこと。

e0111789_10424251.jpg
e0111789_10424204.jpg
e0111789_10424285.jpg

g R  (guy de Rothschild) がデザインされています。
王冠マークも入っています。
e0111789_10424297.jpg



バカラのマーク
e0111789_10424105.jpg


持った感じ。

e0111789_10424255.jpg


4客あります。
e0111789_10424161.jpg


さすがにバカラのクリスタルです。
響き、輝きが違います。

エレガントにいかがでそうか。

貴重なワイングラス。
大事にしたいですね。




高さ6.5cm 直径15.7cm 1客 ¥20,000 (残2客)








by muntkidy | 2018-11-23 12:00 | Comments(1)
2018年 11月 22日
鉄オブジェ

iPhone は新しく、すぐに交換されることになりましたよん。

というのも、今回の買い替えの時、今まで入ったこともない
あんしん楽々保証ってやつにたまたま入ってたわけです。
一ヶ月890円の。
これが、10月から紛失、盗難にも対応するようになったってわけでして、
(以前はそうでなかったらしい。ソフトバンクだけ)
手数料はかかりますが、新しいiPhoneがやってくることに。

やった〜。それも1日で。
ただiPhone Xr の黄色だけは品薄らしく、ちと時間がかかるらしい。
なので、数日は携帯電話はまだ通じません。


海外旅行保険でも保証は効くから、そう心配はしてなかったのですが、
こちらの方が手早い対応でしたから、
かなりスムーズに元のiphone ライフが取り戻せそうです。





ということで、お品紹介行ってみましょう。


こちら。

鉄のオブジェといえば、
アンタイディーのラインナップの中ではアフリカの貨幣がまず挙げられますが、
今回はヨーロッパものです。

質感がバッチリで、小気味好く唸るモノがあります。

e0111789_11050307.jpg


右側。

なんでしょうか。

e0111789_11053747.jpg
e0111789_11053726.jpg
e0111789_11053635.jpg
e0111789_11053636.jpg
e0111789_11053777.jpg
e0111789_11053758.jpg

ずっしり重いのです。

スウェーデンのもの。19世紀。

家具などを彩色するときに使われたペイントの材料、塗料をすりつぶし、
混ぜる道具なのであります。

なかなかのかっこいいオブジェです。




左は、オランダの18世紀もの。

鉄の質感が素晴らしい。

靴べらということでした。

e0111789_11152184.jpg
e0111789_11152123.jpg
e0111789_11152109.jpg
e0111789_11152141.jpg


この縁のガタガタ感が素晴らしい。
e0111789_11204914.jpg



置き方によっては鳥のオブジェにも見えるのです。

e0111789_11204977.jpg




潰す道具 底径8.5cm 高さ12.5cm (Sold)
靴べら 長さ13.5cm  幅4.3cm  (Sold) ありがとうござぃした。






by muntkidy | 2018-11-22 12:00 | Comments(0)